WBC/アメリカがメキシコに負ける

 こういうことがあるんだねぇ。勝負は何が起きるかわからん。メキシコ代表にも意地と誇りがあるんだよ。2次リーグ敗退はほぼ決まっていても、因縁深いアメリカには全力で戦ったんだ。素晴らしいよ。

 あの豪腕クレメンス(あー、ついにこれで引退か。寂しいね。)と「疑惑の審判」デービットソン(まさか、今日の試合でもアメリカ有利の誤審をするとは驚き)の二人相手に勝利したんだから、大絶賛でしょう。そのおかげで日本の準決勝進出決定!ありがとうメキシコ!

 やっぱり、物事を一生懸命にやっている人間はちゃんと報われるんだ。王貞治って人の人生を考えると、天才でありながらも決して努力を惜しまず、常に誠意を持って生きて来たはずと思う。そういう人物だからこそ、こういう強運・幸運に巡り会えるんだろうなぁ。
 
 それにしても、アメリカ代表はこの2次リーグ、ヒドイ出来だった。結局彼らはあまりこのWBCに気乗りがしなかったんだろう。早いとこ終わらせて自軍のキャンプに戻ってシーズンに備えたいんだよ。
 それに、自国のリーグのチャンピオンを決めるシリーズを昔っから「ワールド・シリーズ」って言ってるんだから、今更他の国の連中とはマジに出来ないんだろう。

 でも、この大会の主催はMLBとMLB選手会。自分たちで主催してて、何のためにやってんだろう。逆にはっきりしたのは、メジャー・イコール・アメリカじゃないってことか。マルティネス監督の「かつては野球の教師はアメリカだったが、今や爆発力・野球観において韓国・日本にも学ぶべきものがある。」というコメントが象徴的。

 実際には彼らも真剣に戦って、この初のメジャー参加国際大会で優勝して盛り上げたかったのだろうが、国内の関心の低さも影響したか、チームとしての迫力が最後まで感じられないまま終わった。(最後まであきらめない、ってアメリカの信条だし、常に数々の奇跡を起こして来たわけだし。)
 日本との初戦だって、あの誤審(WBCの公式見解は「判定の変更」ではなく主審の判定が最優先、よってアウトで決着。ということは「誤審」。)がなければ、負けていた可能性が高かったわけで、気分的には3連敗したようなもの。

 とくに打線は一応調整不足ってことにしておくけど、全然ダメだった。A・ロッドは日本戦のドンづまりのサヨナラ内野安打だけでしょ、活躍したの。こんなことなら、ちゃんと故郷のドミニカ代表として頑張るべきだったんじゃない?
 それだけ、安易に考えてたってことでしょう。ジーターは大好きな選手だが、彼のようなヤンキースの面々はもともと秋にならないと活躍しないのだ。
 じゃ、松井もいなくて正解? そんなことはない、今からでもいいから参加できないのかなぁ、なんて。

 さて、こんなラッキーな恩恵を受けた日本代表、3回やって3回負けたら日本に帰って来れないよ。そんでもって、勝てば決勝行きだぜ!もう、ここまでの悔しさをすべてぶつけて敵を叩きのめしてくれ!
 一度死んでるんだから、怖いものは何も無い。頑張れニッポン!!!
[PR]
by harukko45 | 2006-03-17 16:51 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30