WBC/アメリカが韓国に負ける

 韓国がアメリカから大金星(7-3で勝利)か。

 日本が勝利を逃し、韓国がそれを達成するというと、何か2002年の日韓W杯・決勝Tの1回戦のようなムードだなぁ。日本はトルコに敗れ、それでも1次リーグ突破したんだから、まあ良しか、と思っていたら、その数時間後に韓国はイタリアを撃破。その後、3位決定戦まで勝ち進んだわけで。(あの時は韓国戦において審判疑惑が持ち上がった。が、結局イタリアやスペインが恨み節をいくら言おうが、結果・歴史は覆らない。)

 しかし、これでWBCのアメリカ・ラウンドは混迷の様相になってきたな。日本は何としても2連勝して、この大混戦に殴り込みをかけてほしいものだ。

 それにしても、今回のアメリカ・チームはやはり調整不足で、オープン戦気分でのぞんでいるんじゃないのか?
 まぁ、そのおかげで、昨日の日本があと一歩まで追い込む事が出来たのかもしれない。しかし、その後の国内の評価がほとんど「疑惑の判定」に批判的では、さすがのドリーム・チームもモチベーションが上がらないだろう。

 そもそもこのWBC、アメリカのアメリカによるアメリカのための大会だというのに、肝心の選手がこのままイマイチな状態が続くようだと、終了後に大問題になりかねない。「金ばかり世界一で、実力は平均か。」ってことに。そうなったら、きびしいアメリカのファンはMLBを再び見放すかも。

 昨日の審判問題だって、世界大会だっていうのに第三国の人間がやらずに、アメリカ人が仕切るっていうのが異常。サッカーでは絶対にあり得ないこと。この辺がアメリカの傲慢さ、それと意外な程の「アバウトさ」だ。
 ちなみに、今回の審判はほとんどマイナーリーグからの選抜。それはメジャーの審判団との条件交渉が失敗したため。それと、昨日の球審は元メジャーで、いろいろな曰く付きでメジャーリーグを追放された人。そういう人間が何で国際大会にいるのよ?

 とは言え、あんまりアメリカのことなど批判・心配してももはや意味が無い状況になった。日本としては「3.12(アメリカ時間)/アナハイムの悲劇」をこのまま闇に葬られないためにも、もう一度奮起してほしい。
 まずは松坂投手。メキシコ打線を封じ込めてくれ。それには「本気」だしてくれよ。私は彼が実際の才能に見合うパフォーマンスを未だに見せてくれていないと思っている。特に大きな舞台で。日本シリーズ、オリンピック...。
 再びイチロー語録から恐縮だが、今大会の日本合宿で合流したさい、イチローは松坂に「どっかでナメてやってるだろ、わかるぞ。」と釘を刺していた。さすが、イチロー。
 そして、松坂よ。同じ天才としてイチローにお返しする意味でも、そろそろマジ・モードに切り替えろ。それには格好の舞台じゃないか!
[PR]
by harukko45 | 2006-03-14 19:26 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31