ARTRONIK @ Super Deluxeでの林明日香

 25日六本木のSuper Deluxeで画家(ペインターの方がいいかな?)で海外でも活躍しているアーティスト、神田サオリさんのイベント"ARTRONIK"に林明日香ちゃんが出演した。私はキーボードで同行。急遽、ギターの成川さん(ナリさん)も参加が決まり、Seemaの活動以来の競演となった。
 やはり、気心しれた間柄なので、押したり引いたり、それぞれに任せたりが出来て楽しい。ここら辺はベテラン同士の良さだね。

 このイベントは神田さんが、ステージでのライブ演奏やDJによるハイパーな音楽とともに、大きなキャンパス(ただの布かな?)にその場でペインティングしていく(ライブ・ペインティング!)というもので、我々を含む4時間近いパフォーマンスの間、それとコラボしながら一枚の絵を完成させていく。
 アスカちゃんは最後の出番だったので、まさに仕上げの部分での神田さんとのコラボレーションというわけだ。
 ただ、それは観客の方と神田さんの感覚であり、あくまで私などは音楽が始まれば、それだけに集中するだけだ。後はどうなるかは運任せ?
 
 集まったお客さんはアスカちゃんのファン以外も多く、いわゆる「それっぽい」クラブ・パーティ系の方々や音楽・アート系の業界筋の人々でぎっしりだった。
 普段のライブハウスでの雰囲気とは違う感じが面白くもあり、いまいち集中しにくい感じもあり、ちょっと複雑かな。
 それを言い訳にしてはいけないが、私はこの日、凡ミスを1回、機材トラブルによるアクシデント2回でだいぶ悔いの残る演奏になってしまった。アスカの唄は大変好調だったので、申し訳なかったと思う。でも、ナリさんがいてくれたことで、トラブル時も演奏が止まる事なく出来たことは救いだった。
 無事にいかなかったのは、私もナリさんも気持ちがノッていただけに残念だったが、でも、最低だったとは思わない。なぜなら、我々のライブが始まった当初ははざわざわして、落ち着かない雰囲気だった会場が、じょじょにアスカの唄に聴き入り、後半は非常に熱い拍手をしてくれていたからだ。

 演奏中の私は、たびたびガックリしたものの、肝心のアスカの音楽への敬意を忘れずに、熱い気持ちを保ち続けていたことは良しとしたい。が、やはりミスやトラブルへの対処に関しては、おおいに反省しなければいけない。
[PR]
by harukko45 | 2006-02-26 23:59 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31