松崎しげるwith大橋純子コンサート2006(2)

 前回の続き...
M-5:シンプル・ラブ
 ここからは大橋純子さんのコーナー。おなじみの代表曲でかためた構成で誰にも楽しめるものになっていると思う。いつものレギュラーバンドでやるよりも全体にふんわりする感じになるのがパインツリーの特徴かな。私は普段だとピアノ以外にシンセ類も一人でやっているところを他のメンバーにお願いできるので、ずいぶんと余裕がある。その分ベーシックなリズムとコードワークでジュンコさんの世界を演出しなくては。

M-6:たそがれマイラブ(モカ・ジャバ・バージョン)
 ボサノバ風のリ・アレンジ・バージョンだけど、オリジナルよりいいと思うな。詞の内容や今のジュンコさんのムードにこちらの方が合っている。こういうサウンドだとパインツリーの大人な雰囲気がよく出ててシットリするね。ここでも私は結構自由に遊べるので楽しい。(調子の乗り過ぎに注意!)普段だと再現できないフルートやストリングスのアンサンブル・パートもこの編成だとこなせるのだった。

M-7:シルエット・ロマンス〜M-8:サファリ・ナイト
 私とオッサンのアコギにyukkoさんに後半からストリングスを加えてもらっている。今回は私はちょっと原点に帰るつもりで、あまり「女性的」なサウンドにならないように心がけた。繊細になりすぎて崩れたロマンのような表現でなく、様式のしっかりした内容にしたかった。それでいてキチキチしたメトロノームのような演奏は元々する気はなく、その場で自由な表情が出ればシメタものである。このシリーズではなかなかうまく行ったと自負しております。

 続くサファリ・ナイトは一転してゴージャスなサウンドとノリの良さで一気に盛り上がった。ステージそででは松崎さんが影マイクでサビのコーラスに参加。これがなかなか効いておりました!
 ケンさんが書いたオーケストレーションもシンセを駆使して、ほぼ再現できる人数なのでたいへん派手な仕上がりとなった。土屋”オッサン”のギターソロはここでもシビレさせてくれました!

 さてここからはメインイベントとも言える、お二人の競演でお贈りする映画音楽メドレー。その演奏時間約20分におよぶ大作である。ディナーショウなどでは半分のショートバージョンをやっていたが、やはりこのコンサート用に皆で作り込んだフルバージョンこそ、やりゴタエも聴きゴタエもある一級品なのだった!
 続く...と
[PR]
by harukko45 | 2006-02-05 19:10 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31