ソチ・オリンピック/この3日間のまとめ

 ここに来て、ソチ日記を3日書けなかったので、一気にまとめます。

 で、この3日間は日本にとってはうれしい結果が続きましたなぁ。まずはフィギュア男子シングルでの羽生結弦選手の金メダル、おめでとうございます!
 しかし、多くのフィギュア・ファン、羽生ファン、そして何より羽生くん自身、これが彼の最高の演技ではなかったことを感じているのでした。そうです、本当はこんなものではない、もっと素晴らしい。彼だけではない、最大のライバルであるパトリック・チャン選手のこんなものではなかった。
 彼ら以外でも、多くの有力選手たちがことごとく不調でミスを連発していて、全体としては少し残念なフリー競技になってしまった。バンクーバーの時は、ショートからフリーまでの間に一日あったのに、今回は連日試合の日程。オリンピックでは出場選手が多いために時間もかかるので、この過密日程は選手たちには大変だったようで、かなりコンディションに影響したにちがいない。
 団体競技を入れたことで、このようになったのかは不明だが、今後、検討すべき問題だと思う。

 とは言え、悪いときでも悪いなりに持ちこたえる精神力を、羽生選手は持ち合わせていた。前は、ガタガタに崩れる姿を何度も見ていただけに、今シーズンの成長ぶりは大きい。そして、それがオリンピック・チャンピオンという成果に結びついた。
 
 その翌日は、ジャンプ男子・ラージヒルで葛西紀明選手が銀メダル、本当に本当におめでとうございます!リルハンメルの団体銀から、彼の歴史は日本ジャンプ陣の歴史でもありますなぁ。まもなく42歳の執念すごいです。世界が賞賛するレジェンドに心からの敬意を。まさにアスリートの鏡ですよ。
 でも、まだ彼の挑戦は終わってない。明日の朝未明からの団体で、念願の金を是非ともゲットしてくれ!今回は日本ジャンプ陣にとって、長野以来最大のチャンスじゃ。

 カーリング女子、アメリカ戦に自滅に近い敗戦から、イギリス(スコットランド)、カナダと連敗。突然として全く光るもの失ったかのようだった日本。もちろん相手がすごく強かったのは確かだが、明らかにチームのリズムが狂ったことも確か。
 ようやく、連勝時のメンバーに戻してのスイス戦は素晴らしい試合になり、見事な勝利でした。これで、何とか望みをつないだ感じだが、この後も負けは許されない状況は変わらない。是非とも頑張って!
[PR]
by harukko45 | 2014-02-17 14:34 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31