ソチ・オリンピック8日目

 フィギュア男子シングル・ショートプログラム、完璧な羽生選手、お見事!団体でも素晴らしかったのに、なぜか点数が伸びず不満に思ったが、今回は当然の100越えで、世界最高点を更新。今回の十代は本当にすごい。
 カナダのパトリック・チャン選手もさすがの内容で、僅差の2位。この上位2人がフリーでよっぽど大きなミスをしないかぎり、金銀は決まりではないか。もちろん、羽生に勝って欲しいが。

 4位につけた高橋大輔選手も、冒頭の4回転のみ成功しなかっただけで、最後のステップには強い気持ちが伝わってきて、やっぱりダイスケは素晴らしい。これで、もう一度自信を取り戻してくれるに違いない。フリーに期待したい。
 最終滑走になった町田樹選手は、今シーズン見た事ないミスが出て、思わぬ11位。しかし、3位からの点差は3点程度なので、十分フリーでの巻き返しは可能だ。

 カーリング女子、メンバーチェンジした日本は、ショットのミスが多く、作戦も大きく崩れて、前2戦の素晴らしい内容を帳消しにする敗戦。絶不調だったアメリカの調子を上げるのに大いに貢献してしまった。今後は強敵ばかり続くので、眠っていたアメリカからは確実に勝ち星を上げて欲しかったのに、せっかくのいい流れを自ら切ってしまった。
[PR]
by harukko45 | 2014-02-14 11:50 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31