12月のライブのまとめ

 今日は大晦日、これで2013年も終わり。私自身は今月、年も押し詰まってからの怒濤のライブが連日連夜となり、かなりの消耗具合で、正直「もう休みたい!」ってところでした。
 とは言え、どれもこれも印象に残る素晴らしい時間であったことも事実で、身を削ってでも楽しみたいって感じだったのかも。

 で、もう今年も残り少ないので、一挙にまとめてレポさせてもらいます。

 まずは24日。松崎しげるさんと大橋純子さんのジョイント・クリスマス・ディナーショウがあり、6日の千葉・富浦、17日の三河安城につづく最終日は大阪でありました。

 m1.Winter Games (Inst) 2.愛のセレブレーション 3.シンプル・ラブ 4.たそがれマイ・ラブ 5.シルエット・ロマンス 6.愛は時を越えて 7.クリスマス・メドレー(Silent Night〜クリスマス・イブ〜Last Christmas〜Blue Chrstmas/ White Christmas〜Happy X'mas) 8.愛の六日間 9.いのちをかけて 10.抜け殻 11.愛のメモリー En.Endless Love

 お二人の定番曲を中心に、デュエット曲をうまく合わせた構成は変わらず、松崎さんのバック・バンド、パインツリー・バンドに私と土屋さんのギターを加えた8人編成のサウンドはいつもながら安定感抜群で言うことなし。
 それが、マンネリにつながることがないのは、各ミュージシャンの真剣な姿勢があればこそだと思う。私はこの日、「シルエット・ロマンス」で久しぶり夢中になって演奏することができ、全体としてとても良かったと思った。チーム大橋の時は、土屋さんと二人だけだが、ジョイントの時はヴァイオリンとキーボード二人が加わってくれるので、とてもゴージャスになるのだ。これが、ディナーショウならではのムードにピッタリだった。

 それと、松崎さんのコーナーでのm8から10への3曲つなぎが、なかなかシビレル。結構ヘビーな内容の曲ばかりなのだが、それがかえって気持ちいい。とことんディープに迫る感じが好きだった。

 で、この日でジュンコさんとの2013年の仕事は無事終了。今年は少しライブが少なかった感じだが、来年はデビュー40周年の記念年、早速、バンドによるレコーディングもあり、その後のライブでの展開も楽しみだ。2014年の「チーム大橋」はかなり盛り上がること必至であります。

 翌日25日、渋谷のライブハウス「Deceo」にて、豊広"Aida"純子さん、平塚"Nakamura"文子さん、濱田"Peco"美和子さんによる3人組ボーカル・ユニット「みみみ」のクリスマス・ライブ。バックは、六川正彦さんのベース、濱田尚哉さんのドラムスに私のキーボードという、トリオ編成。だからと言って、ピアノ・トリオでのしっとりしたアコースティック・サウンドなどには全くならない、ポップな音作りが楽しかったし、シンプルな編成でのスペースをうまく生かした演奏は実に新鮮でしたなぁ。
 後半、ギターに林仁さんを迎えて、4リズムになってからは、よりアグレッシヴなサウンドにもなって、盛り上がりましたぞ。

 それに、「みみみ」の皆さんのボーカル、ハーモニーの良さはもちろんのこと、ちょっとした芝居にコント、そしてダンスを交えた構成は、まさにショウとして素晴らしかった。ちゃんと練られた内容は、ステージ上での団結力みたいなものも生み出して、本当いいライブだったと思う。

 でもって、26日は用賀のジャズを聞かせるヤキトリ屋「キンのツボ」にて、我らが後藤輝夫さん主催のセッションがあり、ドラムスに植村昌広くん、ベースに六川正彦さん、そして私がキーボードで、まぁつまり「チーム大橋」近いバンドでのライブ。
 本番前にスタジオに集まって、ちょっとだけ合わせ、決め事を確認したのちに、お店に向かい3ステージをやり倒す。これが、これが、面白かった!
 私のような半端なプレイヤーにとっては「なんちゃってジャズ」ってところなんだけど、それでも真剣度はかなり高く、4人のインタープレイ、ソロが炸裂しました。
 もちろん、出来の悪いところもあったとは思いますが、全体としては相当イケテた。言い出しっぺの後藤さんのリーダーシップも素晴らしかったし、各自の共感度の高さにも感動しました。
 ものすごく刺激になった夜となり、今後も是非やりたいし、いろいろ発展させたい内容でした。この思いがけない素晴らしい時間を、気の置けない仲間達と過ごす事ができたことは、2013年の中でも特筆すべき日であったと思ってます。

 この日を終了時点で、私はヘトヘトであり、もうほぼ終わってしまいましたが、28日、横浜・センター北のライブハウス「Lagoon」にて、忘年会をかねたイベントがあり、近郊に住むミュージシャンとボーカリストが集結してのライブがあり、最後の一踏ん張りで頑張りましたよ。とは言え、忘年会もかねてなので、かなりアルコールも入っておりましたので、妖しい部分も多々ありましたなぁ。
 主催したのは、シンガー・ソングライターの谷口守さんで、私は「Dores」というバンドで何回かご一緒しておりました。
 それにしても、ドロドロではあったものの、良いミュージシャンが多数集まったおかげで、かなりレベルの高い演奏が聞かれましたし、楽しかったですよ。
 「Lagoon」の店長は、安倍なつみさんの時に一緒の黒沢和貴くん、カズくんはギターのプレイと店の切り盛り両方ともサクサクこなして凄いです。若いのにエラいです。
 それにしても、自分がいかに良い仲間に囲まれているのかってことも再確認できる日でもありました。本当に、みんなのおかげで自分も頑張れてるんだって思えて、心から感謝です。

 さて、今日で2013年も終わり。たくさんの方々にお世話になりました。この場からお礼の気持ちを贈ります。2014年も大いに音楽していきますので、どうぞよろしくお願いします。

 それでは、皆様よいお年を!!!
[PR]
by harukko45 | 2013-12-31 19:27 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30