タケカワユキヒデ/ 阿波踊りサウンドフェスティバル2013

 2013夏の思い出を語る(?)(っていうのに、もう9月じゃねぇか!)の最終回。8月11日、タケカワユキヒデさんのライブのため、早朝、徳島に向かいました。その日は、徳島の大イベント「阿波踊り」開催の前日で、毎年、前夜祭として開かれている「阿波踊りサウンドフェスティバル2013」があり、今年のメインアクトをタケさんがつとめたのでした。
 
 この日の徳島、ものすごい暑さでしたなぁ。なにしろ、高知・四万十市で連日40度越えを記録していた時、もちろん、徳島でも史上最高気温を更新した日でした。

 そんな中で市の中央公園、鷲の門広場での野外イベントは、なかなか過酷のものがありました。昼間のリハでは屋根があるとはいえ、ステージ上は強烈な日光で焼かれるようでしたし、夜になっても気温はいっこうに下がらず、涼しい風も吹くことはなかったのでした。

 そんな中、会場に設置された椅子席は満杯、その後ろに立ち見の観客の皆さんがかなりいて、夏のロックフェスっぽい感じなかなか壮観な眺めでした。
 とは言え、演奏が始まるとステージ上は照明や機材の熱もあり、どんどん体感温度は上昇していた模様です。1曲終わるたびに大汗で、水分補給してました。それでも、多少ボーっとするような瞬間があり、テンポが早い気がして、自分が追いつかないような気分にもなりました。

 メンバーの中には頭痛がした人もいたようだし、楽器もギターが途中、音が出なくなるトラブルもあって、いろいろでした。タケさん自身もどういうわけか、珍しく曲順を間違えて、我々はあわてて別曲の譜面をめくるなんてシーンもありましたっけ。

 そんなこんなのコンサート、そのセット・リストはこちら。

 m1.モンキー・マジック、 2.ガンダーラ、 3.サラダ・ガール〜4.ホーリー&ブライト、5.A Hard Day's Night〜6.Help〜7.Get Back、8.ルビーの指環〜9.異邦人、10.Hey Jude、11.ビューティフル・ネーム、En.銀河鉄道999

 お馴染みのゴダイゴ曲では、m4が最高に好きなのだが、演奏上はやることが多くてすごく忙しい曲。だからって、暑さのせいにはしたくはないが、正直、どうにもいつも通りには演奏できずに特に前半はバタバタしてしまった、深く反省である。
 m6からのビートルズ3曲つなぎは、本当は「異邦人」の後の予定だったもの。そのm8、9は、タケさんのニューアルバム「THE REBORN SONGS~LEGEND~」からの曲で、ゴダイゴと同時代にヒットしたジャパニーズ・ポップス(J-Pop前夜の黄金期ってところか)・カヴァー集。けっこう細かい部分までオリジナル通りに再現されていて、これもなかなか手強い。特に「異邦人」は、なるほどよく出来ている作品なので、「完コピ」したくなる気持ちもわかる。

 さて、このあたりでは、暑さもトラブルもなんのその、全員タフなパフォーマンスで会場も大いに盛り上がってくれた。そして、アンコールでは我々の前に出演したマシュマローズと徳島少年少女合唱団とともに、「999」での大団円となったのでした。

 個人的には、このタケさんとのコンサートで、夏のライブの山場を越えるという気持ちだったので、少し悔いの残る部分はあったとは言え、バンド全員の奮闘で無事にコンサートを終えることが出来たことは喜びたい。また、このバンドでゴダイゴの曲を演奏できるのは、かなりラッキーだと思っている。
 そして、地元のお客さんだけでなく、多くのタケさんファンの方々もわざわざ駆けつけてくれており、あらためてお礼を言う次第です。本当にありがとうございました!

 そのおかげもあり、これまでで最高の動員と盛り上がりだったとのことで、いろいろ大変だったけど、頑張ったかいがあったということですね。


 
[PR]
by harukko45 | 2013-09-03 23:50 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31