安倍なつみ/Birthday Live2013 "The Beating"のまとめ

 7月に大橋純子さん、水越けいこさんのツアーを完走したものの、休み暇なく、安倍なつみさんのバースデイ・ライブの準備にとりかかった。

 8月3日からリハが始まったが、なっち自身が超過密スケジュールで、ミュージカルの大詰めの稽古とこちらのリハを掛け持ち。よって、あちらが終了次第、こちらに来て合わせ、再びあちらへ、みたいな状況だった。バンドだけでもしっかり固めることは大事だが、やはりご本人と一緒に流れを作っていくことはとても大事。なので、今回はどうしてもそこの部分が時間的に足りなかった。とは言え、やるっきゃないのだから、短い時間内でも全員が集中して頑張ったのでした。

 それに、すごく忙しいことは、ある意味で集中力が高まっているし、気分も高揚している。それを、上手に使いこなせるのが、なっちであり、「さあ、やるよ!」ってことになってからのパワーは素晴らしいのだ。だから、本番に強いのです、彼女は。

 で、今年の会場はお台場の「Zepp DiverCity」で、昼・夜2回公演のコンサートとして行われた。内容的には今さらクドクド書くこともないと思うが、特にモーニング娘。の元メンバーが4人もかけつけてくれて、なっちとコラボしたので、例年よりも華やかさが増したのでは。
 そのコラボ・コーナーがあったことで、今回はカヴァー曲なしの、全編オリジナル曲に徹していたのも良かったと思う。

 ということで、今回のセット・リストは以下の通りです。

 昼の部/m1.雨上がりの虹のように〜2.微風、3.夢ならば〜4.Best Friend、5.男友達 (with 新垣里沙)、6.雨の降らない星では愛せないだろう (with 中澤裕子)、7.たからもの (Summer Arrange)〜8.愛しき人 (Birthday Arrange)、9.せんこう花火、10.夕暮れ作戦会議〜11.あなた色 En1.くちびるで止めて、2.トウモロコシと空と風〜3.真夏の光線

 夜の部/m1〜4まで同上。m5.男友達 (安倍バージョン)、6.愛あらば It's All Right (with 小川麻琴)、7.雨の降らない星では愛せないだろう (安倍バージョン)、8.たからもの〜9.愛しき人、10.せんこう花火、11.夕暮れ作戦会議〜12.あなた色 En1.くちびるで止めて、2.好きでX5 (with 保田圭)、3.トウモロコシと空と風〜4.真夏の光線

 昼と夜ではゲストが代わり、曲も代わった。夜の部では、圭ちゃんがTV収録の関係で前半部分には間に合わず、なっちが一人で歌う部分が増えた。とは言え、リハをやっているうちに、「男友達」と「雨の降らない...」がビシっとはまってきていて、一人で歌いたいという思いが強くなったようだ。なので、本当に最後最後で決まった、これも一つのサプライズ。

 そのかわり、圭ちゃんはアンコールでの登場となり、構成的にはコンサートの終わりが少し重くなったとも言えるが、この日のお祭り気分の中では、さして問題ではなかったと思う。

 さて、ザックリと頭から振り返ります。私のキーボードのみによる短いオーバーチュアから、m1へとなだれ込んだ2010年のシングル、"雨上がり..."はなかなか息の抜けない曲。アレンジした萩田光雄さんが綿密に書いてられるので、どれもこれも「外せない」音ばかり。
 私は昨年、「少し窮屈なので、次回は変えてみたい」てなことを書いているが、今はそれが間違いだったと思っている。こういう70年代風に仕上げられた曲は、決められたことをきちんとやり抜くことが大事なのだ。
 ただし、演奏上のニュアンスは違う。コンサートのオープニング曲ということでもあり、あまり抑えた表情ではなく、特にリズム隊の二人には、つねにタイトな演奏を心がけてもらった。それにより、岡村孝子さんの世界観よりもロック的な印象が強くなったかもしれない。
 夜の部ではファンのみんなによるサプライズで、会場中がサイリュームで素晴らしい演出をしてくれた。なっち自身はすっかり感動して1曲目からウルウル・モードだったね。これは実にナイスでした!

 続けてのm2では、はっきりとバラードとして演奏し、メリハリをつけてほしいとのリクエストがあったので、今回は1コーラスを基本ピアノとアコギだけでバッキングすることにした。効果としては良かったと思う。
 ただし、昼の部では、曲つなぎを意識しすぎて、私のテンポが早かった。プレイバックを聴くと、これはこれで悪くないのだが、実際のステージではちょっとしたテンポの差にも敏感に各自が反応してしまい、全体に落ち着きない感覚で曲が進んでしまったようだ。
 夜では、曲間に時間を置いてスタートしたので、ほぼパーフェクトな流れだった。個人的にはとても満足できる内容だったと感じている。
 
 m3の「夢ならば」は、なかなかの佳曲ではないですか!CDで聴くよりも実際に演奏する方が、良さに気づいた。なっちも、リハで久しぶりに歌って「あら、いい曲なんですね」とマイクを通しての独り言。「Best Friend」はめでたくネット配信決定、それもこの日のライブ・バージョンで。会場にいた方はお分かりと思うが、昼の部ではギターソロの後、なっちが歌に戻れなかったので、当然、配信されるのは夜の部バージョン。で、このテイクは、全員が一丸となって「キメテやる」モードだったので、勢いがあった。それでいてミスもなかったので、文句無し。

 ゲスト・コーナーでは、小川真琴さんを迎えた「愛あらば...」が楽しかった(面白かった)。マコちゃんは、リハでも「時間が許す限りお願いします!」とばかりに、何回も何回も歌ってましたし、不在だったなっちへの置き手紙をするなど、実に楽しい人。本番では、それらのかい無く(?)、随所に崩壊しているんだけど、それがまた愛らしい。
 ガキさんは、実際にお目にかかると、ハっとする美人なんだね。ステージングも落ち着いて堂々としてた。声がなっちに似てる気がする。一瞬、どちらが歌っているのか、わからなくなったです。

 中澤さんは、もう貫禄って感じだけど、「雨の降らない星...」の2コーラス目のサビ前でポーズするところ、なっちとのタイミングは完璧でしたね。なっち曰く「もし、息が合わなかったら、二人の14年間は何だったのでしょう?」
 圭ちゃんは、本当にさすがでした。この人の音楽的才能は前からよく知ってたけど、あらためて感心した。難しいハモ・パートもすいすいだし、なっちとのバランスもイイ。この二人は、とっても素晴らしく声が馴染むし、共に歌うのが大好きなのがよく伝わる。

 さて後半、アレンジ変更もふくめて、おなじみ曲がぞくぞくとつながった。「たからもの」はオリジナルよりも少し明るい感じを加えること、「愛しき人」はいい意味での「裏切り」を見せてほしいとの要望があり、共にカリブ海風、夏向きアレンジとなった。「愛しき」でのスカ・ビートには馴染めない人もいたかな?
 本編ラストの「あなた色」は、インスト部分を広げて、バンド全体で盛り上がってほしい、ということで、かなり熱い展開になった。ちょっとサンタナ風だったけど、演奏中は全員の鼻息が荒かったぞ!

 アンコールもなかなか濃厚な曲が続いたので、息が抜けない。で、大ラスの「真夏の光線」は「これでもか!!」って曲だから、もう頑張るのみね。それにしても、この難曲をバンドの皆さん、よくやり切ってくれました、私からも感謝感謝です。

 終演後は、みんなヘトヘトでした。昼と夜とを比較すると、演奏的には昼の方が全体に安定していました。なので、純粋音楽的に良い部分もあり、捨て難い。ただ、夜の部のお祭り騒ぎ的なテンションの高さは、これはもうどうしようもない。プレイバックをチェックしていくと、思わずニヤニヤしてしまう瞬間があるのでした。
 DVDがどのように編集されるのかは、私にはわかりませんが、どのように使われても問題なしと思っています。それだけ、今のなっちとバンドの状態は良い、と思っているから。

 会場を出てから、なっちとメンバー、スタッフで食事にいきましたが、私は翌日朝一で徳島に向かわねばならず、中途でお別れしました。そもそも、最初は打ち上げに参加しないつもりでしたが、何とも離れがたい気分になってしまい、参加してしまいました。若いメンバーっていうのは、成長が著しくって、見ていてワクワクさせられます。それは、なっちもそうで、どんどん良くなっていくし、そのスピードが早いって、それが若さなんだろうな。

 そして、いつもいつも熱い応援をしてくれているファンの皆様には、最大限のお礼をしたいと思います。個人的には、なっちに是非ともライブ・ツアーに帰ってきて欲しいですが、それは今後の希望として、少ないながらもこういう機会で、皆に再会出来る事をこれからも楽しみしています。
 本当にありがとうございました。そして、これからも、なっちを応援し続けてください。
[PR]
by harukko45 | 2013-08-29 17:10 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30