コンフェデ杯2013/イタリア4-3日本

 本当にガックリ、十分に勝てる試合をまんまと逃すなんて!朝早起きしてのこの結果には、かなり応える。ブラジル戦とは見違える内容で素晴らしい前半だったのに、またしても日本、ドーハの悲劇からの伝統というか、何でこうなるかな。ブラジル戦での立ち上がりと終了間際、そして、今日も前半のロスタイム、後半の立ち上がりに失点。
 その後に逆転を食らうも、ギリギリで追いつき、なおかつ、足の止まったイタリアを仕留める寸前だったにもかかわらず、返り討ちされるなんて。

 全体には面白い、実にエキサイティングで、久々にワクワクドキドキしたゲームではありました。で、チームとしても個人としても日本の方が良かった。でも、勝てなかった。悔しい気持ちはなかなか晴れない。「惜しかった」「残念」「よく戦った」はすべて禁句です。いつまでも、後進国じゃ困るんだ。

 とりあえず、香川、岡崎、本田、素晴らしかった。イタリアのメディアも高く評価しています。ザッケローニ監督に対しても「親愛なるザックよ、日本は何て素晴らしいんだ!」との賛辞に、少しは溜飲を下げるって感じか。
 長友が本調子でないのは明らかだし、吉田のあり得ない凡ミスは強く反省してほしいし、そういうスキを見逃さないジャッケローニはさすがだった。前半終了間際のすばやいコーナーキックも、イタリアのしたたかさが見えた。ここでも、大人と子供、プロとアマってレベル差だよなぁ。

 まぁ、細かいところを言い始めるいろいろあるのだろうが、結局「何でそうなるの?」で片付けられる。いい加減、シメるとこシメましょうよ。
[PR]
by harukko45 | 2013-06-20 18:02 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31