安倍なつみ/"twinkle night live"の詳細(3)

(2)からの続き。

 En1.22歳の私

 アンコールをいただいての1曲目は、なっちのソロデビュー曲で、つんく氏が気合いを入れて作った感じがよく伝わります。冒頭に付け足したキーボード・ソロはリハーサル時にはいまいち決まらずに演奏していたのですが、本番初日にようやくアイデアが固まりました。とは言え、その場のアドリブ的な要素は強かったです。で、おもむろに"22歳..."の印象的なイントロへつなぐ形に。

 なっちとファンの皆さんにとっては、ソロ1作目だから思い入れも強い曲でしょう。私は初めて演奏したので、とても新鮮な気持ちでやれましたし、リリースされた時を追体験するような気分にもなりました。なので、大事に演奏しないといかん、という意識は強かったです。

 ふと思う事に、「作曲家は生涯1曲しか書けない」というのがほぼ定説ではないかと考えますが、つんく氏においてもそうで、全ては過去に書いた傑作のバリエーションと言えます。でも、だからこそ、作家の個性を主張できるとも言えるわけで、けっして悪いことではないのです。
 が同時に、それはマンネリとの裏表でもあり、そこにアーティストとしての苦悩も見え隠れしてくるのでした。
 なっちが、ソロになってからちょうど10年を経て、もう一度この曲を取り上げたというのは、やはり大きな意味があると思います。大きな節目を迎えて、彼女自身が10年間を振り返りながら歌うと、同じ歌詞が22歳の時とは全く違う内容に感じられるのではないでしょうか。

 あらためて、なっちの成長と同時に、曲も成長することを再確認できました。

 En2.愛しき人

 ライブの大ラスは超定番曲。もはや、何も付け足す事はありませんが、何度やっても会場中が一つになる体験は最高です。こういう喜びにはマンネリはないんです。常に感動と快感です。

 さて、ツアーはあっという間に終わってしまいました。例年以上に寂しいです。でも、これは私が年を取ったからでしょう。他のメンバー達は未だにワイワイとLINEで連絡取り合っているし、バリバリと他の現場でも演奏しているようです。もちろん、なっちご本人も舞台稽古が大詰めで頑張っていることでしょう。
 いつまでも、ノスタルジー(?)に浸っていてもしかたない。ひょっとしたら、夏に再会できるかもしれませんしね。そんなことを秘かに期待しながらも、まだまだ頑張っていかねば。

 最後に、常に暖かく迎えてくれ、そして送り出してくれるファンの皆様に、再度お礼を。本当にいつもいつもありがとう。


 
[PR]
by harukko45 | 2013-04-01 15:23 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31