安倍なつみ@コットンクラブ、松崎しげる&大橋純子@大阪新歌舞伎座

 昨日、大阪にて松崎しげるさんと大橋純子さんのジョイント・コンサートが無事に終わり、今月のライブ前半戦が終了しました。特に先週は安倍なつみさんとのコットンクラブでの2日間があったので、なかなかヘビーな状況ではありましたが、どのコンサートも充実した内容でしっかりとやり遂げる事が出来たので、個人的にかなり満足しておりますし、とてもうれしい気分です。

 15、16日の丸の内コットンクラブでの「Abe Natsumi Special Live 2013~twinkle night~」はまだ大阪と名古屋を残しているので、内容についてはお伝えしませんが、両日計4ステージにお越し下さったたくさんのファンの皆さんには、本当に本当に心からの感謝の言葉を贈ります。おかげで、素晴らしい空気感が会場にあふれ、我々ステージ側の人間を大いにもり立ててくれたと思います。
 それによって、各ステージそれぞれがどれも良いショウとして成立していたと確信しています。そして、なっち自身が一皮向けて、ボーカリストとして大きな飛躍を遂げつつあることも見て取れたのではないでしょうか。
 なので、この後の大阪・名古屋にお越しの皆さんも大いに期待してほしいですし、それに応えるべく、磨きをかけるように取り組んでいきます。とは言え、2日間の録音を聴くと、当事者としてでなく、聴き手として楽しめてしまうので、すごくうれしいのです。

 さて、なっちの4ステージを終えての翌朝に大阪に向かい、松崎さんとジュンコさんのジョイント・コンサート2ステージでした。これはやはり、体力的にはかなりきつかったです。正直、午前中の会場でのリハーサルでは半分ボーっとしてたかもしれません。
 が、昼の1回目が始まると、とっても豊かな音楽空間が自分を包んでくれて、非常に集中して演奏に向かうことが出来たのでした。たぶんこれは、連日続けて内容の濃い演奏をしてきたことに加え、松崎さん、ジュンコさん、バンドのメンバー達の深みのある表現に感動したからに違いありません。
 なっちの現場での若々しく力強いエネルギーには大きな刺激を受けますが、先輩格のミュージシャン達から受けるものにはまた格別なものがあるのでした。

 また、新歌舞伎座の音響が私には、とても良く感じられました。そのせいか、ステージでやり慣れている曲の一つ一つが、実に新鮮に響いているように思えたのでした。こういう時は、とても安心した気分でいられるし、演奏する楽しさも倍増です。
 それと、大阪のお客さんの反応の良さ、この時間を楽しもうっていう精神がやっぱり良いですなぁ。それがステージにも返ってきて、良い相乗効果を生んでいくのでした。素晴らしい大阪の皆さんに感謝感謝です。
 夜の2回目は、さすがにヘトヘトでしたが、気合いで乗り越えました。とにかく2時間を越える内容での松崎さんとジュンコさんですから、バンドは全力投球でやり切るのみです。いやぁ、帰りの新幹線でのビールが「これほどウマイものか!」と思いましたよ。
[PR]
by harukko45 | 2013-03-18 18:52 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31