今日のFREE(5)"Tons Of Sobs"

 シンガポールから帰ってから、フリーをきっかけにあっちふらふら、こっちふらふらで音楽評論家ぶっていたが、その肝心のフリーをそろそろまとめなくちゃ。

 で、その5回目はファーストの"Tons Of Sobs"を選んだが、これはある意味「60年代後期のブリティッシュ・ブルーズ・ロック」なしでは生きていけない人、その道の研究家が聴き込むべきものだろう。正直、今の耳でこれを完全にすべて楽しめというのはつらいところがあるのは否めない。
 が、そう簡単に片付けられないのがフリーの奥深さ。

 何たって、若い。なのに、渋い音楽だ。小僧がマジにブルーズしまくっている。だからポール・コゾフは夢中になって弾きまくっている。そのせいで、ポール・ロジャースの存在がいつもより薄く感じる。おもしろいのは昨日のザック・ワイルド20歳デビューにおける「弾きまくり」とこのコズフの19歳デビューの「弾きまくり」の比較。
 時代の違い、ロック・ビジネスの違いなど、簡単に比べてはいけないだろうが、とにかくこの二人の共通点は筋金入りの「バカ」だということだ。
 同じようにレスポールを爆音で弾く姿を頭の中で思い浮かべてみると、何だかニヤニヤしてしまう。

 ただ、コゾフの方がハートは繊細だ。だから、早死にしてしまう。かたやザックは根っからのサバス党だから、最初から悪魔にハートを売ってしまっていて、酒もドラッグも何のそので不死身かも?
 19だろうが20だろうが、こんなギターを弾くやつが近くにいたら、何をさしおいても聴きにいくにちがいないほどの大バカ野郎どもだと思う。

 だから、コズフを楽しもう。素晴らしくのめり込んで弾きまくっている。それでいいのだ。そのかわり、バンドとしてはまだイマイチだ。それは、その後を知っているからだけど。
[PR]
Commented by フレ@ロック好きの行き着く先は at 2005-11-26 19:46 x
おぉぉ〜!コゾフだぁ〜!というかフリーもこんなに書いてたのですね、失礼ながら今頃になり一生懸命読んでます(笑)。もう大好きなギタリストでして、ホントに20歳前の若造がこんなフレーズビシバシ決めてたまらんですよね。どんなにボリュームを上げてもうるさくないロック(笑)ででも重くてかっちょいいバンド!ポール・ロジャースもアンディのベースプレイもどれもが個性的でこのファーストアルバムは最初からギタリストにとってはたっぷりとコピーし甲斐のある作品ですね!
Commented by harukko45 at 2005-11-27 11:42
フリーって、今更ながらおもろいバンドだなって感じています。フレさんも2ndを紹介されていたので、うれしく思いました。コメントありがとうございます。
Commented by Seira.D at 2005-11-27 21:43 x
はじめまして、よろしくお願いします。Seira(せいら)と申します。

ザック・ワイルドとPaul Kossoffの対比なんておもしろいです。
でも言われてみるとなるほど~って感じ。

OzzyのNo more TearsのZakk、最高っ!当時夢中になって聴きました。今でもこのアルバムは時々聞いてます。

Freeは今でも大好きです。
Paul Rodgersはもう長いこと私のアイドルで師匠です。(笑)
Queenの来日公演2日間いきましてBadcompanyのイントロで泣きました。だってPaulがキーボード弾いてるんだもん。感動してしまった。(初日だけでしたけど)

Kossoffって渋いっ。かっこいい。
本当にギターが歌う感じなんですよね。
生きててほしかった。
あ~、できることならFreeのライブがみたいです。(/_;)
Commented by ヤマケン at 2005-11-27 23:47 x
FreeのLIVEはLDで出てましたね。DVD化されてるのかな?

私は・・・・音の方が好きかも。
Commented by harukko45 at 2005-11-29 16:35
Seiraさん、コメントありがとうございます。こちらこそよろしく。FREEで、ロック好きがぼちぼちよってくれてうれしいかぎりです。「No More Tears」も確かにいいっすよね。Zakk君には今後も期待です。
それから、71年のFreeの初来日は伝説化してますね。71年は日本のロック元年でBS&T、BBキング、フリー、シカゴ、GFR、ピンク・フロイド、そしてレッド・ツェッペリンが立て続けて来日したわけで、私は一つも行かなかったのですから、ほんとに後悔しきりです。

ヤマケンさんの言われてるLiveはドイツのTVスタジオでのやつですかね?
Commented by ヤマケン at 2005-11-30 00:56 x
毎度です。LIVEのLD、忘れてたので改めてライナーノーツを眺めてみたらワイト島、西ドイツTV、英TVの寄せ集めでした。ポール・コゾフに捧ぐ、というやつです。
Commented by harukko45 at 2005-11-30 04:55
早速の返信ありがとうございます。その中の西ドイツものを見たんだと思います。でも、まだDVDにはなってないのかもしれませんね。
by harukko45 | 2005-11-26 01:25 | 聴いて書く | Comments(7)

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28