水越けいこ/名古屋ムジカ(4)

(3)からの続き。

 m14.In My Life

e0093608_14172943.jpg 本編最後には、97年の「In My Life」から、そのラストを飾るタイトル曲を。私はこの曲をやった記憶がなく、それでも譜面が手元にあったということは、かなり前に演奏したからなのだが、それが思い出せない。たぶん、けいこさんと初めてご一緒した頃の最新アルバムがこれだったので、当時はライブで選曲されていたのだろう。それにしても、ずいぶん久しぶりの登場だった。
 でも、今さらながらに曲の良さを再認識できた感じだ。今は、けいこさんの音楽への思いがずいぶん深まったので、あの時には聴き取れなかった良さを理解できるようになっている。これって、人生における喜びが増えているってことで、実に幸せな事だなぁと思いますね。
 で、小山薫堂さんの作詞の素敵さも、今なら「なるほど」と思えるわけですしね。

En1.僕の気持ち〜2.私への誓い

 アンコールに応えての2曲は、まもなくリリース予定の4曲入りシングルと、ニューアルバムからの新曲。今回は、実際にレコーディングされたオケを使いながら、この2曲をお届けしました。ファンの皆さんには、待望久しい新譜の香りを少しだけ感じていただけたかも、ってところでしょうか。
 まずは、"僕の気持ち"を含むシングル盤が先行してリリースされるようです。私はこの曲には関与していないのですが、一緒にカップリングされている曲では、アレンジと演奏で加わっています。私自身もここでの楽曲の発表をずっと待ちかねていた一人なので、ついに形となることに大きな喜びを感じます。早く、CDを手にしたいものです。
 そして、アルバムの方もかなり最終段階のようです。けいこさんは歌入れに邁進中のようですし、プロデューサー森さんの手腕で、是非とも、待ったかいのある仕上がりを大いに期待したいと思います。

En3.Too Far Away

e0093608_1202840.jpg この曲については、とにかく「心を込めて」としか言いようがありません。いつも、そのようにありたいし、必ずそのように導いてくれる曲です。

 名古屋では、アンコールの最初に"Feeling Blue"をリクエストに応えて演奏しました。ただ、譜面の準備をしていなかったので、ところどころ危なかったですが、リラックスしたライブの雰囲気が楽しかったです。
 そして、最後の最後にもう一度出て行って、"ほほにキスして"をやりました。これは、もちろん完璧な手拍子とともに大盛り上がりでありました。


 
 
[PR]
by harukko45 | 2013-02-09 00:50 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31