D'Angelo 2000年のライブ

 昨年は、ディアンジェロが12年ぶりにライブに復帰しヨーロッパ・ツアーを敢行、アメリカでもいくつかのイベントに登場し、それらの映像もずいぶんアップされて、その内容の素晴らしさに狂喜乱舞したものだった。そして、待ちに待たされたニュー・アルバムも97%(!)完成したとの情報もあって、個人的にはジャック・ホワイトの初ソロ・アルバム、ノラ・ジョーンズのDanger Mouseプロデュースでのニュー・アルバムとともに、2000年代のお気に入りアーティストそろい踏み3部作になるはずだった。

 が、また、ディアンジェロにはだまされた(?)ようだ。「James River」は結局まだリリースされない。ということで、私はその代用(?)として、フランク・オーシャンの「channel ORANGE」を聴いていたのでした(いやいや、これも良い作品!)。

 ところが、最近になって2000年の「Voodoo」ツアー時の映像があることを知った。何たることか。それも、音質・画質かなり良し。でもって、この時の内容がもう圧倒的。いろんな意味で残念なことではないか、本当にこの天才は何をやっているのか!

 というわけで、このライブをここにリンクして、しばし溜飲を下げることにする。とりあえず昨年、ミュージック・シーンに復帰してくれたのだから、まずは喜ばなくては。そして、近々の完全復帰をじっと願うのであります。









July 16, 2000 North Sea Jazz Festival – The Voodoo Tour

D'Angelo: vocals, keyboards
The Soultronics:
Ahmir “Questlove” Thompson: drums
Frankie “Knuckles” Walker: percussion
Pino Palladino: bass
June Bervine (or sometimes James Poyser): keyboards
C. Edward “Spanky” Alford & Samuel “Norris” Jones: guitars
Anthony Hamilton, Shelby Johnson & Jack King: background vocals
Jacques “Brother Jacques” Schwarz-Bart: tenor saxophone
Russell Gunn (or sometimes Roy Hargrove): trumpet
Frank “Root” Lacy: trombone & trumpet

Sam Champ x Okayplayer – D’Angelo Live! [Mixtape]
[PR]
by harukko45 | 2013-01-26 19:19 | 聴いて書く

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31