松崎しげる&大橋純子/横浜ベイ・シェラトン

 一昨日の22日、大橋純子さんとの今年最後のライブとして、松崎しげるさんとのジョイント・コンサートがありました。このところ、毎年恒例になっている横浜ベイ・シェラトン・ホテルでのクリスマス・ディナーショウで、ジュンコさんとの2012を締めくくるにふさわしい、充実した内容で無事に終えることができました。
 松崎さん、ジュンコさんのお二人の歌の素晴らしさは、じゅうじゅう分かっているつもりでも、やっぱり、いざ本番という時の集中力の高さに、この日も圧倒されました。かなり、演奏しつくしている曲であっても、今初めてやっているような感覚になるのは、本当に凄いことだと思います。

 この日のセットリストを書いておきます。

 m1.The Christmas Song(Opening Theme)〜2.A Lot Livin' To Do〜3.It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing) m4.シンプル・ラブ〜5.たそがれマイ・ラブ〜6.シルエット・ロマンス〜7.愛は時を越えて m8.Christmas Medley (Silent Night〜クリスマス・イブ〜Last Christmas〜Blue Chrstmas/ White Christmas〜Happy X'mas) m9.愛の六日間〜10.いのちをかけて〜11.抜け殻 m12.愛のメモリー En.Endless Love

 と、お二人の代表曲を中心に、ジャズ・スタンダード、ミュージカル・ナンバーや新旧のクリスマス・ソングを交えた豪華メニューであります。
 松崎さんによるm2の"A Lot Livin' To Do"は、ミュージカル「Bye Bye Birdie」の中の曲、m3はもちろん、デューク・エリントンの名曲。この後から、ジュンコさんが登場しての4曲。「チーム大橋」からは私と土屋さんが参加して、松崎さんのバンド「パインツリー」とともバックをつとめました。

 パインツリー・バンドにはキーボード担当が3人もいるのと、バイオリンに岡村美央ちゃんもいるので、それはそれはゴージャスな編成と言えます。いつもは私一人でやっている部分を、皆さんに振り分けさせてもらい、私はピアノに専念って感じ。"シルエット・ロマンス"や"アイトキ"では普段よりもスケールの大きな世界になりましたし、音色もきらびやかさが増したのでした。

 中盤での「クリスマス・メドレー」は、全員のコーラスによる"Silent Night"が良いのと、松崎さんが"Blue Christmas"を、ジュンコさんが"White Christmas"をそれぞれ歌い、最後に2曲が合体するというアレンジが秀逸。これはなかなかでしたぞ。そして、ラストにジョン・レノンの"Happy X'mas"では、会場のお客さん達も大合唱。私と土屋さんは「ジョン・レノン スーパー・ライヴ」からずっとやり続けてる感じですが、それでも必ず盛り上がって会場に一体感が生まれるのだから、曲の凄さにつくづく感心させられます。

 後半の松崎さんソロ・コーナーでは、何と言っても「男・女・別れ」の3曲メドレーが強烈で、まさに「濃厚」な歌の世界に、演奏しながらも、ぐーっと深みにはまっていく感覚になりました。

 そして、アンコールの"Endless Love"ではお二人の絶妙なボーカルを堪能しました。ステージ上にいて、思わず聞き惚れてしまい、自分のパートを忘れそうになりました。

 2回のステージを終えて、バンド全員がとてもいい満足感に浸って、お互いに今年一年をねぎらいました。いやぁ、いつもながら楽しい現場でした。
 さて、ジュンコさんとの仕事も、これで2012年は無事に終了です。今年一年間、ファンの皆さんには暖かい応援をいただきまして、心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
 そして、2013年も、より一層の頑張りで盛り上げていきますので、どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]
by harukko45 | 2012-12-24 18:33 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31