EURO2012/スペイン優勝

 約1ヶ月間にわたって繰り広げられたユーロ2012は、スペインの優勝で完結。それも、圧勝で。

 個人的には、ご贔屓のポルトガルが準決勝で敗退したことで、一気にモチベーションは落ちてしまったのだが、だからと言って、レベルの高い試合を見落とすわけにはいかず、今未明に行われたスペイン対イタリアの決勝は生で観戦したのでありました。

 スペインは、決勝において、ようやく、ようやく、彼ららしいサッカーを見せてくれた。デル・ボスケ監督の意地のような「0トップ」システムも、セスクを高い位置に置くことで見事に機能、まぁ、それなら1トップじゃん、とも言えますが。それに、シャビをはじめとするバルサ勢が本来の調子を取り戻したパフォーマンスをみせてくれた。
 一方のイタリアは、グループリーグ初戦での3バックではなく、4バック。これは、勝ち上がっていくことで自信を付けたチームの流れを変えずにのぞみたかったのだろう。まさに真っ向勝負で、王者に挑んだ感じ。確かに、初戦での彼らとはチームのレベルは明らかに上がってはいただろうが、本来の力を取り戻したスペイン相手では、少し冒険だった気もする。とは言え、その正々堂々とした「サッカーをする」姿勢を讃えたいし、大敗したものの、今大会のイタリアのプレイぶりに共感した人も多かったと思う。もちろん、私もだ。ブランデッリ率いるアズーリは、文句なく今大会最もセンセーショナルで印象的な好チームでありました。
 そして、この悔しさを胸に、このイタリアがどう進化していくのか、ワールドカップへに向けて要注目だろう。

 で、優勝はスペインということで、結果は順当に収まったのだが、内容を見ていけば、スペインの王座防衛もそれほど華麗なものではなく、我がポルトガルが代わりに決勝の舞台に立っていたかもしれないし、ドイツがもう少し慎重に準決勝の戦いを進めていれば、イタリア戦でのディフェンスの2つのミスは防げたかもしれず、明らかに総合力に秀でるドイツがスペインを撃ち破る可能性も高かったと思う。
 また、スペインがグループリーグで苦しんだのは、イタリアだけでなく、クロアチアのレベルが高かったせいでもあり、ヨーロッパ・サッカーがますます混戦状態、実力伯仲であることもよくわかった。
 もはや、過去の名前や顔だけで強豪国云々は語れないのだった。

 さて、1ヶ月間、すっかり堪能させてくれたユーロが終わってしまい、しばらくは寂しい気分だろうが、今月末にはオリンピックが始まるので、すぐに気分は盛り上がるかな。
[PR]
by harukko45 | 2012-07-02 12:32 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31