今日のFREE(4)"Heartbreaker"

 アンディ・フレイザーがいないし、ポール・コゾフも全曲プレイしてるわけじゃないし、キーボードがずっと入ってるし、どうなのよ?"Heartbreaker"

 それまでのフリーをあまり意識せず、オープンな気持ちで聴いていけば、"Heartbreker"がロックアルバムの秀作であることは間違いない。ベースが山内テツさんにかわったことで、リズムに安定感がでているし、キーボードのラビットのプレイもセンスがよく、効果的であり、全体のアレンジメントもよく練られている。また、メロディの良い(わかりやすい)曲がこれまでで一番そろっているとも言える。

 ということで文句はないはずなのに、どうしても「普通のロックバンド」になってしまった感じがしてしまうのだ。つまるところ、あの「クー!たまらん」がないのだ。だから音は立派なのだが、私の心はさびしいのだ。良くも悪くもアンディの存在がフリーをフリーたらしめていたということか。
 ポール・ロジャースも最初はフリーと名乗りたくなかったらしいが、レーベル側の圧力に負けたとのこと。この編成でもう少し続いていたら、この路線がちゃんと定着して、堂々たる強固なサウンドメイクをするバンドとしての「第二期フリー」ってことになったのだろう。だが、彼らはあっけなくこの後正式に解散して、二度と戻らなかった。

 とはいえ、ある意味ポールにとってはこれで良かった。あくまでフリーに固執せず、そこに埋没しなかったことで、「Paul Rogers」という名前が独立した認識となり、その後のバッドカンパニー、ファーム、そして今回のクイーン+ポール・ロジャースと、自由にバンドの形態を変えながらもこれまで第一線で生きのびることを可能にしたのだ。もちろん、彼が常に100%プロとしてのパフォーマンスをし続けているからこそなのは言うまでもない。

 私としては、"Come Together In The Morning""Heartbreaker""Muddy Water"を楽しむことにする。大ヒットした"Wishing Well"はあまり好きじゃない。
[PR]
by harukko45 | 2005-11-11 04:07 | 聴いて書く

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30