今日のFREE(3)"Highway"

 (一昨日からの続き)...しつこくってすみません。で、"Highway"だ。"Fire and Water"の大ヒットの後で、そのプレッシャーやメンバー間の軋轢によって失敗作だと言われてきたが、最近評価が上がっているようだ。そうだ!良いのだ。

 フレイザーとロジャースはこの頃「The Band」にはまっていたそうで(ザ・バンドを嫌いな奴とはワシも友達にはならんわな,確かに)、もろその影響を感じる部分も多い。全体にリズムがよりR&B色が濃くなっている。だから、サイモン・カークのドラムはますます今っぽく聴こえる。
 その分、煮詰まっていたコゾフは完全に控えめ(でも悪いプレイはしていない。随所にグッとくる瞬間が)。そういえば、フレイザーも控えめ。みんなで抑えてバンドのまとまりを強調したかったか?ただ、そのためにそれまでの「たまらん」緊張感が薄れてしまった。

 が、フレイザー&ロジャースの作曲コンビは充実していて、聴き込むうちに良さがわかる佳曲ぞろいだったのだ。それとロジャースのボーカルは相変わらずのスランプ知らず!そういう意味では彼のソウルフルなボーカルをリラックスして楽しめて、飽きもこないと思う。
 CDでのボーナストラックもなかなか良い。"My Brother Jake""Only My Soul"が入ってますますソウル色が強くなって、このアルバムの性格もより明解になったと思う。
 それと、BBCセッションでの"Ride On A Pony""Be My Friend"は最高だね。
[PR]
by harukko45 | 2005-11-10 16:58 | 聴いて書く

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31