4月のスポーツ

 MLBが開幕し、ヨーロッパ・サッカーが大詰めで、スポーツ好きにとってはテレビ中継を録画するのが忙しい。だが、その数もどんどん多くなってしまうので、観るのをさっさとやらなければ、すぐにハードディスクが満杯になってしまうのだった。

 さて、まずはMLB、応援するシアトル・マリナーズは、とりあえず持ちこたえての勝率5割。まぁ、よくやっている方ではないでしょうか。このところは打線も活発になってきて、勝利に貢献しているが、実際にはリーグ11位の打率なので、まだまだだ。投手陣も飛び抜けて良いわけではないので、やはり戦いにムラがあるなぁ。4連敗した後に、3連勝とかね。若い選手が多いせいもあるだろう。そんな中、チーム最年長のイチローの元気ぶりはうれしいし、さすがとしか言いようがない。
 それにしても、テキサス・レンジャーズ、強すぎでしょう。

 サッカーはリーガ・エスパニューラのみの観戦で、それもバルセロナとレアル・マドリードの試合を中心にチェックしてきたのだが、先週の直接対決・クラシコでの勝利により、レアルの優勝がほぼ確実になった。これまで、クラシコではなかなか輝けなかったクリスティアーノ・ロナウドの決勝ゴールが、バルサに引導を渡した。
 今年のバルサはケガ人続出で、ずっといまいちな状態が続いていた。何と言っても、フィニッシュの精度が低かった。一方のレアルは、バルサのような美しいパス回しと組み立てはないものの、リーグ得点記録を書き換えた決定力の高さが、どの試合でも光った。常にトップで居続けるのは、現在のスポーツ界ではとても難しい。

 さて、ヨーロッパ・サッカーではここ数年スペインが人気・実力で優位に立っているが、今年のチャンピオンズ・リーグの準決勝では、その代表であるバルサ、レアルの2強が共に敗れるという波乱。個人的には、決勝でのクラシコ対決を期待していたので残念なのだが、とりあえず、久々に勝ち上がったバイエルンを応援することにします。バルサに勝ったチェルシーは守備的作戦がうまく行ったようだが、バイエルンはレアルに対して互角の戦いを挑んでの勝利だった。

 これをもって、スペイン時代の終わりか、とはならない。もう一つのヨーロッパ・リーグでは準決勝にスペイン勢が3チーム残り、決勝に進んだのはビルバオとアトレティコなのだから、まだまだスペイン優位は続く。ゲームとしては、ビエルサ対シメオネというアルゼンチン人監督同士の対決となった、ヨーロッパ・リーグ決勝の方が面白そう。私は、ビエルサ監督率いるビルバオを応援。

 ヨーロッパ・サッカーは、チャンピオンズ・リーグ決勝でシーズン終了するが、今年はその後にユーロが控えている。「うーん、選手が壊れちゃうんじゃないか」って心配もするが、観る方にとっては、それ以上にタマリマセン的ワクワク状態が続くことは確か。ここでは、いつものようにポルトガル・サポーターとなります。だが、ドイツ、オランダとの同組となった今回はかなりキビシいだろうなぁ。

 その他では、女子ゴルフLPGAで宮里藍選手が今季初優勝、おめでとうございます。藍ちゃん、大好きです。ほんとに、かっこいい。試合後のインタビューでの「You know?」連発の流暢な英語にもしびれます。もちろん、プレイが最高。テクニックの素晴らしさとともに、何と言っても精神力の強さに惹かれる。常に毅然とした態度でプレイしている今シーズンは、メジャー初優勝と賞金ランク1位の奪還(現在2位、ただしトップのヤニ・チェンは強烈)を是非とも達成してほしいと願ってます。

 フィギュア・スケートの国別対抗の団体戦は日本の優勝。特に注目すべきは、男子で高橋がチャンに勝ったこと。「これぞ、日本のエース」といった高橋の充実ぶりには敬服した。もちろん、全体的には日本の優勢は大会前から明らかで、勝って当然とも言えるか。そもそも、ソチ五輪での正式種目となる団体戦がフィギュア・スケートに合っているかは疑問であり、世界選手権後の「気の抜けた営業」になりやしないか、と個人的にはやや懐疑的な印象を持っている。今後この大会が存続するために、いかにブラッシュ・アップしていくのかに注目したいとは思うが。
[PR]
by harukko45 | 2012-04-27 16:29

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31