Queen+Paul RogersをTVで観た

 シンガポールから帰った夜にWOWOWで、「Queen+Paul Rogers」のライブが放送された。すぐに観る元気はなかったので録画して昨日観ていたのだが、「おお、こいつは発売したてのDVDじゃないの?」 確かにそのようだったが、実際にはだいぶカットされてたね。ま、しかたない。

 とは言え、意外といい内容に思わずに最後まで飽きずに見入ってしまった。実は私は、クイーンをほとんど知らない。もちろん、ヒット曲は聞いているがアルバムを買って聞き込んだことがない。だから、クイーンのファンには申し訳ないが、興味があるのはポール・ロジャースの方なのだ。
 なんてったって、「Free」「Bad Company」のポール・ロジャースだ。歌が最高にいいのだ。特にフリーはバンドとしても70年代前半のブリティッシュ・ロックの中でも強力にかっこいいことをやっていた。でも、今聴く方がその素晴らしさをより理解できるような気がするし、このサウンドは2005年にピタッとくるのは私だけだろうか?

 「Queen+Paul Rogers」は最近日本に来ていて、コンサートがあったようだな。この放送のような内容なら観に行ってもかなり楽しめただろうね。ただし、私の意識はポール・ロジャースに釘付けだったろうけど。
 正直、クイーンの二人の老け具合(ブライアン58、ロジャー56)に比べて、今年55歳のポールの若々しいこと(ちょっと尾崎紀世彦さんみたい)!! 肝心のボーカルも衰えを知らない。フレディ・マーキュリーのような毒気はないけど、彼のブルージー、ソウルフルな歌い回しが私にはかえって好ましくて、よく知らなかったクイーンの曲も新鮮に楽しめた。
 
 ただし、ポールのレパートリーである”All Right Now"“Can't Get Enough"はまあまあじゃないかな。クイーンにはブルージーさや即興的なアプローチは似合わない感じ。それでも、ブライアン・メイがこんなに自由にギターを弾きまくっているのって、フレディ時代にもあったのかな? くわしい人がいたら教えてほしいけど、クイーンというバンド全体が「様式美」「人工美」の極みだっただけに、印象が違ったのもおもしろかった。
 逆に言えば、フレディ時代の「巨大なバンドのメンバー」という圧力から解放されて、一人のミュージシャンに立ち返った気分なのだろうか。何となく、彼のプレイは前よりノビノビしているように感じ、ギタリストとしての才能の素晴らしさを再認識させてもらった。

 でも、やっぱりポール・ロジャースが素敵なのだ! だから、フリーを聴きまくろうと思っている。
[PR]
by harukko45 | 2005-11-08 23:03 | 聴いて書く

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30