スポーツ観戦三昧(1)

 ここ数日は、スポーツ観戦で大変。それも、かなりの内容が目白押しなので、目だけでなく神経もやられるね。

 まずは、28、29日にあった東京ドームでのMLB開幕戦、オークランド・アスレティックス対シアトル・マリナーズの2試合。何と言ってもイチローなんだけど、初戦でのいきなりの4安打はお見事。やっぱり彼は、きっちり見せてくれる。
 だが、シアトルに関しては、今年もまた「打てない」チームであることは明白。イチローを3番にしても、それほど効果があるかどうか。全体に打線が活発でなければ、あまり意味がない。それに、イチローにとっては打席数が明らかに減るであろうから、200本安打達成もより難しくなる。とは言え、今年の彼は200本にそれほど固執することはないだろう。より打球を上にあげる練習もしているようだし、やはりクリーンアップとしての使命の方を一番に考えているに違いない。つまり、イチロー一人で得点する、なんて状況になるか?一応、アクリー、スモークの若手の大躍進を願ってます。

 とにかく、打撃に期待できないマリナーズは、やっぱりピッチャー頼りになるわけ。だが、この東京シリーズ第2戦でのリリーフ陣の総崩れを見ると、これも何とも不安になる。川崎、岩隈という日本人3人在籍で日本のマスコミは大げさに今後も報道するだろうが、正直、5月ぐらいにはシーズンが終わってしまう可能性は高いと見ている。それが、大はずれになることを祈ってはいるけど。

 逆にオークランドは、かなりやるのではないかなぁ。貧乏弱小球団でありながら、面白いベースボールを魅せて、金持ち球団を手こずらせるアスレティックスは前々からかなり好き。マリナーズが別の地区に入っていたら、オークランドを応援していただろう。それに、映画「マネーボール」を観てますます気に入ったわけで。もし、マリナーズが夏前に終わったら、宗旨替えもあり得るか。
 同地区のテキサスにはダルビッシュがいるが、元より「日本人対決」なんかに興味なし。そんなことばかり話題にする貧相な日本のスポーツ報道からは卒業しましょう。
[PR]
by harukko45 | 2012-03-31 17:52 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31