Peco Live/目黒ブルースアレイ

 もうすでに先週のことではあるが、多方面で大活躍中の濱田"Peco"美和子さんのライブが14日に目黒ブルースアレイであり、私はバックで演奏してきました。他のメンバーは、ギターに土方隆行さん、ベースに六川正彦さん、パーカッションに玉木正昭さん、ドラムに濱田直哉さん、という実力者揃いでありました。
 私は、ペコさんとのライブはほぼ一年前に、彼女が加わっているコーラス・ユニット「みみみ」での演奏以来となりましたが、今回も至極楽しくやらせてもらいました。

 とは言え、「みみみ」に比べるとソロでのライブは、よりシリアスな部分や繊細な部分が多くなるので、こちらの対応も変わってきます。今回は特に、曲のオリジナル・イメージにそったサウンドを目指したので、いわゆるセッション風な形でなく、かなりきっちり作り込んだ流れになりました。
 個人的にはシンセをけっこう多用して、曲の世界観を広げたり、新しいカラーリングをトライしたわけですが、他のメンバーもそういったサウンドに敏感に対応してくれたので、相乗効果でバンドっぽいニュアンスが強く表れてきたのが、実に面白かったです。

 ここ数年は、全体にシンプルなサウンドを好む傾向が私の中にあったのですが、昨年後半あたりから、再びシンセを使いこなすことの効果を再認識していたところでした。なので、実にグッドタイミングで背中を押された感じでした。
 とにかく、ちゃんと考えて使いこなせば、華やかだったり、ドリーミィで幻想的な演出を一人で生み出すことが出来るのですから。おかげで、今回のライブをきっかけに、いろいろと大胆なトライを今年は試みたいと思えるようになったのでした。

 そういった意味では、ペコさんとバンド・リーダーの濱田くんに感謝ですね。とっても良い刺激をくれました。

 それから、約20年ぶりに共演させてもらった、ギターの土方さん、相変わらず最高にカッコよかった。根本的に堂々たるロック、ハード・ロックを微動だにせず弾き倒すのが、素晴らしい。本番での音には、何度もしびれまくりましたよ。


 
[PR]
by harukko45 | 2012-03-19 14:51 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31