もやもや

 昨年秋頃から、ここまでずっと悩まされていることがある。それは、ある音楽事務所との仕事でのギャラがほとんど支払われずに、現在にまで至っている事。その金額は積もり積もって個人レベルとしては、かなりのものになってしまった。時期としては、一昨年の秋から昨年末までの仕事に関するものなのだが、長く出口のない不況と震災の影響を考えると、どこも経営が難しいことは理解しているものの、今となっては、完全にうまく使われたとしか言いようが無い。

 音楽業界ではお互いの信頼関係のみで結ばれる「口約束」だけで、仕事上の契約となるので、それがちゃんと履行されなくなった場合は、それによって生まれた相手に対する感情的な溝は、ことさら大きくなってしまう。私の場合、そこまでの関係を崩さないようにと配慮しすぎて、ずるずると来てしまったことがまずかった。「親しい」ことが、かえって事を面倒にしてしまった。

 とは言え、あるところまでくれば、どんなに忍耐強い人でも決断せざるを得ない。正直、まともな契約書があるわけでもない日本の音楽ビジネスでの、いわゆる賃金未払い問題を解決するには、実際にはこれまで以上の面倒を抱え込むことになる可能性もあるが、むなしい言葉ヅラでのやりとりで一喜一憂するよりも、何らかの手段をとって断固たる態度に出る方がまだマシと、ようやく考えられるようになった。
[PR]
by harukko45 | 2012-03-06 14:59 | 日々のあれこれ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30