NFL/ポストシーズン

 帰国して、今月は仕事もなくブラブラしっぱなし。こんな一年の始まりじゃ、先が思いやられる。まぁ、1月は元々、仕事量が少ない傾向にあるのだけれど。

 さて、アメリカン・フットボールの最高峰であるNFLはレギュラー・シーズンを終え、最高にワクワクするポスト・シーズンの真っ最中。暇なおかげで、じっくり鑑賞できるのはうれしいことではあります。
 で、いよいよ22日(日本時間23日朝)はカンファレンス・チャンピオンシップ2試合があり、スーパーボウルに進出するチームが決まるのだった。

 ここまでで一番のゲームは、何と言ってもNFCディビジョナル・プレイオフでのニューオーリンズ・セインツ対サンフランシスコ・49ersの試合。これって、歴史に残る大激戦だったなぁ。最後の最後まで逆転逆転の繰り返しで、心臓バクバクで目が離せなかった。応援していたのはセインツなんだけど、5回ものターンオーバーされちゃダメでしょう。それほど、49ersのディフェンスが素晴らしかったわけですが、それでも残り9秒までは勝ってたんだから、凄いチームなんだけどね。
 結果論だけど、その5回のターンオーバーのうち、どれか一つやっていなければ、最高にスペクタクルなチームとして勝利をつかんでいたのになぁ。

 AFCでは、ニューイングランド・ペイトリオッツが圧巻の勝利で、人気・実力がうなぎ登りのQBティーボウ率いるデンバー・ブロンコスを一蹴。まぁ、これは順当でしょう。個人的にはブレイディとブリーズの一騎打ちによるスーパーボウルを夢見ていたのだが、ブリーズが去った今、ブレイディ一本で応援したいと思っております。

 というわけで、AFCはニューイングランド、NFCは、うーん、昔の名前が大復活のサンフランシスコが勝ち上がって、最後はニューイングランド・ペイトリオッツがスーパーボウル制覇、MVPにトム・ブレイディってことで。
 割と、普通な予想でしたな。
[PR]
by harukko45 | 2012-01-21 19:41 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30