タケカワユキヒデ/久喜文化会館

 昨日(30日)はタケカワユキヒデさんとの久しぶりのライブで埼玉県の久喜に行ってきました。なんと、今年初めてのタケさんとの仕事でした。それに、内容もこれまでのタケさんのソロ・コンサートではなく、「地域密着参加型コンサート」というテーマを元に、客席の皆さんと、大きな声で一緒に歌えたら、という企画。童謡歌手の西山琴恵さん、地元の久喜高等学校音楽部、久喜児童合唱団に浦和高校グリークラブ、そして、バトン・トワリングの子供達も加わって、総勢200名態勢(?)のステージとなりました。

 「みんなで歌う」という主旨にそっての選曲も幅広く、童謡から昭和歌謡、最近のJ・ポップに、アニソン、ミュージカルのスタンダード、そしてゴダイゴの名曲と、多種多様。私とともにバックを担当したのは、ギターの土屋潔さんとベースの財津尚之くんの3人。主に、タケさんと西山さんが歌われる部分と終盤の大ジョイント部分の伴奏でしたが、多くがメドレーになっていたとは言え、曲数が多かったのが、ちょっと大変でしたが、普段やらないような曲を演奏したのは、なかなか新鮮でしたし、面白かったです。

 特に、童謡って、けっこういいもんです。昔の先生達はちゃんと音楽を書かれていて、細かい部分で勉強になります。もちろん、演奏的には、ポップスのようにガンガン行くわけにはいかないので、それなりの神経は使います。個人的には、もうちょっとうまくやりたかった感じですが、とりあえずは及第点でしょうか。
 その他の曲でも、初めてのステージということで、いろいろとヒヤヒヤする部分もありましたが、とにかく会場の皆さんもけっこう歌ってくれて、当初の思惑通りに進み、全体的にはうまくいった感じでした。まずは良かったです。

 この企画、一回こっきりでは、ちょっともったいない。今回の成果を糧に、コツコツ続けていけたら、と願いますね。
[PR]
by harukko45 | 2011-10-31 12:34 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31