だらだらとオペラ、ディープインパクト、ロッテにシカゴっと

 何ともここんとこダラダラしてるなぁ。いかんいかん、春先のような前向きで自信に満ちあふれた姿を取り戻したいのだけど、何やっても不満足の極みで、心は不安で一杯。まるでこれじゃ、ティーンエージャーの頃からぜんぜん成長してないじゃん!

 この際言い訳もしておくと、先週のムーティのオペラ特集を見て以来、家にあるアナログビデオに録画されていたオペラやらコンサートものをDVDに移し替える作業に没頭してしまった。ただただ、コピーすればいいものを何気なく見ているうちに、それぞれの作品に見事にはまってしまって最後まで鑑賞してしまう。
 とりあえず、ヴェルディ、プッチーニのイタリアものとモーツァルトの4大オペラは終わったんだけど、この後ワーグナーなどのドイツものが控えている。おかげで、ずっと頭クラクラだ。楽しいことはこの上ないのだが、その内容の深さや素晴らしさに感動しつつも今の自分の無力さと比較して空しくなる(だいたい比較することが愚かしい!)のだった。
 ま、いいかこれも秋深まっての心持ちということで。

 ところで、昨日の菊花賞のディープインパクト、素晴らしかった。シンボリルドルフ以来の無敗の三冠王ですから。これにも感動しました。
 私の最初の競馬体験はマーチス、タケシバオー、アサカオーの3強時代。この年の皐月賞はマーチス、ダービーはまさかのタニノハローモアの逃げ切り。そして菊花賞はアサカオー(大好きだった!)。無冠のタケシバオーはその後すごく強くなって日本初の1億円馬になったのだった!!うー、懐かしい。
 
 それから、ロッテ2連勝! 阪神ファンは心穏やかじゃないでしょうね。ちなみに私はどちらにも今はそれほど思い入れはないので。とは言え、金ヤン監督で村田兆治さん、リー兄弟のころの「ロッテオリオンズ」は好きでしたし、子供のころは根津にいたせいもあり、「大毎オリオンズ」「東京オリオンズ」は応援しとりました。南千住の「東京球場」には父親に連れてってもらったしね。
 だから、少しロッテ贔屓かも。でも、阪神頑張ってくれないと、シリーズ盛り上がらないよ!2試合とも二桁失点はまずいでしょ。
 
 なんて言ってたら、ワールドシリーズもシカゴの2連勝!井口は不調だけど、今日の9回の攻防はおもしろかった。シカゴのクローザーのジェンクスは強気一辺倒で単調だったから打たれそうな気がしてたら、案の定同点にされた。でも、そこでがっくり来ずにすぐにサヨナラ・ホームランで勝っちゃうところは勢いを感じた。
 でも、シカゴの連中、ちょっと目つきが危なくない?ちょっと入り込み過ぎじゃないかな?この後心配。
[PR]
by harukko45 | 2005-10-24 17:02 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30