女子サッカーW杯/日本3-1スウェーデン

 すごい!なでしこ、最高のサッカーで魅了しながら、圧勝しての決勝進出。素晴らしいです。まさに、「女バルサ」そのもの。
 うー、これほどまでのパス・サッカーを女子が、それも日本がやってしまうなんて、誰が考えていたことでしょうか。それを、彼女達は今やっているのです。

 とにかく、今日は何から何まで素晴らしかった。今思えば、自分達のミス・パスからのあっけない失点も、演出の一つのように思えるほどです。よくバルサも立ち上がり早々に「とんでもゴール」決められてますから。

 でもって、先制されて目が覚めてからの「女バルサ」は手がつけられない。前線からの絶え間ないプレスと奪ってからの巧みなパス回しで、圧倒的なポゼッションをキープ。特に後半は、まさに完璧。スウェーデンとのレベルの差をまざまざと見せつけてくれました。うんうん、実に気持ちがいい。

 これが、日本のサッカーです。これをみんなやりたいのです。こういうサッカーが大好きなんです。それは、バルセロナにしか出来なかったものなのです。また、書きますけど、それをワールドカップで、日本代表がやりとげようとしていることに感嘆してしまうのでした。

 今日の殊勲者としては、何と言っても2ゴールの川澄が一番でしょうが、他の先発選手も全てがみんな良かったというのが、これまたすごいこと。
 どのゲームでも常にハードワークしている澤、宮間、安藤、阪口だけでなく、右サイドの大野のキレが抜群で、彼女の仕掛けがかなりスウェーデンの守備をかく乱し、それが日本の攻撃を活発にしたと言えるでしょう。だから、それにより、ドイツ戦ではちょっと物足りなかった両サイド・バックの上がりも頻繁に見れたのでした。
 もちろん、ディフェンスに関しては、ドイツ戦に引き続き、ほぼ文句なしです。ベンチワークも最高で、ドイツ戦での丸山、この試合での川澄といい、佐々木監督は冴え渡っていますなぁ。

 もうこうなったら、優勝だって夢じゃない。もうすでに今の「なでしこ」のサッカーは賞賛されていますが、ここまで来たら後一つ、チャンピオンのアメリカを倒してこそ、真の歴史となるわけです。是非ともアメリカを撃ち破って、女子サッカーの新時代を「なでしこ」に示してもらいましょう。
 なでしこ、サイコーです!!!
[PR]
by harukko45 | 2011-07-14 06:35 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31