U-17ワールドカップ/日本2-3ブラジル

 U-17ワールドカップのベスト8戦。日本はブラジルに敗戦。後半頑張って1点差にしたが、全体の試合内容を冷静に見れば、後半15分の段階で3-0と圧倒されており、勝ちをほぼ手中にしたブラジルがペースダウンしたことで、日本がようやく自分達のパス・サッカーの片鱗を見せて、彼らを少々慌てさせた、と言ったところか。

 残念だったのは、前半から日本が凡ミスを繰り返していたこと。ここというところでの、中途半端なプレイや無頓着な判断が随所にあったのは、最初から相手を大きく見すぎてしまっていて、自分達のプレイを見失ってしまったのかもしれない。
 後半30分を過ぎてから、やっと開き直っての猛攻で、TV観戦の私もだいぶ盛り上がったものの、一歩届かずの結果では、やはりメンタル面での課題をどうしても感じてしまった。

 とは言え、18年ぶりのベスト8をちゃんと評価するべきだ。それに、今回の日本代表のパスサッカーは見ていて楽しかった。それはメキシコの観客もわかっていて、試合終了後の「ジャポン、ジャポン」の連呼には、テレビで見ている私もウルっとくるものがあったよ。

 だが、負けは負け。この経験を糧に上の世代での代表に、ここから何人が残っていくか。そして、いつかブラジルと互角に戦って勝利する日は来るのか。それはまだまだ遠そうだが、それでもちょっと期待できるようなもの見せてくれた彼らには、大きな拍手を贈ります。

 おっと、ぜんぜん話は変わるが、ある意味、頑張っている人間のやる気をことごとく踏みにじる政治家達には、本当に頭に来る。
 このところ話題の、松本復興担当大臣という人間はいったい何だ?何が、チーム・ドラゴンだってぇの。菅直人氏の回りにはこんなお粗末な人間しか、いないのか。やりたくないんなら、さっさとやめちまえって言うの。「自分は九州人だから」なんていうのも、全く理由になってない。地方分権を主張する民主党員のくせに、上から目線の命令口調なんて、ありえない。こんな人物に復興なんて任せられない。さっさと辞任しろ。
[PR]
by harukko45 | 2011-07-05 01:26 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31