UEFA CL決勝/バルサの完勝

 2010/2011UEFAチャンピオンズ・リーグ決勝は2年前と同じ対戦、バルセロナとマンチェスターUによるファン納得のチャンピン対決だったが、結果は3-1、その内容もバルサの圧勝と言っていい。

 2年前にコテンパンな目にあったユナイテッドは、今回かなりバルサ対策を施してのぞんだ感じだったが、それも前半序盤にのみ機能したものの、その後はなす術がほとんどなく、後半はただ守るだけで、最終的にはバルサの引き立て役に再び成り下がってしまった。

 それにしても、すばらしいチーム、すばらしい選手、すばらしい戦術、まさにサッカーの中のサッカー、これぞ美しいサッカーの極致、それでいて勝負に勝つ凄さ。全く文句のつけようのない現在のバルセロナにはいくら賞賛の言葉を贈っても足らないだろう。これほどまでに、観るものを感嘆させ、感動させる「スペクタクル」で「ファンタジック」なサッカーを見せられて幸せな気分にならない者はいない。今のバルサは歴代のチームの中でも、最強で最美という最高のスポーツ・パフォーマンスを披露する超一級の芸術品だ。
[PR]
by harukko45 | 2011-05-29 17:58 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31