にっぽん丸でディナーショウ

e0093608_1559672.jpg 前回に書いたように、昨日は神戸から豪華客船「にっぽん丸」に乗り込んで、明石海峡から淡路島付近をクルージングしながら、ジュンコさんのディナーショウがおこなわれた。会場も豪華、お客さんも豪華、でもってショウの中身も豪華、バンドも豪華(?)といった次第。我々バンドメンバーもドレスコードがあって、船内ではジャケット着用だった。

 ショウの出来は全体としてはなかなか良かったと思うが、実を言うと私のまわりはトラブルだらけだった。今のキーボードのシステムはここ長年の研究(?)と実践の成果の集大成とも完成形ともいえるもので、マスターキーボードのボタンひとつで、すべてのシンセのプログラミングが連動するのだが、問題なく作動すれば極めて合理的で便利なのに、どうもここのところトラブッてしまう。
 
 もちろん、訪れる場所場所で機材をレンタルする場合はそのものの状態が大きく影響するので、当然それだけ信頼性は落ちてしまう。John Lennon Super Liveではまったく問題なく本番をこなすことが出来たのは全て自分の機材を持ち込んだからだった。とにかく本番で演奏以外のトラブルを抱えるのは非常にストレスになるのだった。
 
 今回は"たそがれマイラブ”の前で音が出なくなった。急いで電源をリセットして対処するが、結局ストリングスの音が出なかった。そういえば、この前の浜松でのコンサートの時も"たそがれマイラブ”で起きたなぁ。ひょっとすると筒美京平さんのタタリか!?なんてね。
 その後も危ういシステムを使いながら演奏をし続けて何とかこなしたが、MIDIパッチャーのプログラムを手動でかえなければならなかった。
 どうもこうトラブルが頻繁におこると根本的に考えないといけないかもしれない。ヤレヤレ。

 さて、それ以外については、このクルージングツアーはなかなか快適で楽しませてもらった。すべての飲食(ディナー、夜食、朝食、バー&ラウンジのお酒、客室の冷蔵庫内の飲み物等)はフリーであり、大浴場も素晴らしいし、カジノから映画上映できるシアターもあって、至れり尽くせりであった。
2005.10.16

関連
Photographs/にっぽん丸クルージングショー編

[PR]
by harukko45 | 2005-10-16 23:19 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31