カルロス・クライバー/Traces To Nowhere

 先週に引き続き、昨日(9日)の深夜、NHK-BSプレミアムでカルロス・クライバーの特集があり、最近DVDになって発売されている"Traces To Nowhere"というドキュメンタリーと、91年のウィーン・フィルの定期公演、92年のニューイヤー・コンサートのライブ映像が放送された。

 2週連続で、クライバーの生涯を知り、彼の演奏に接することで、あらためてその存在感の大きさに圧倒されてしまった。おかげで、昨晩は番組終了後も彼のCDやDVDを聴きまくり、観まくって、結局徹夜になってしまった。

e0093608_2505229.jpg ドキュメンタリーの"Traces To Nowhere"は先週の"I am lost to the world"に比べると、彼の歴史をたどると言うよりも、彼の近くにいた人々のインタビューに多くの時間が割かれ、より彼の内面に切り込んでいくような作り方だった。実姉のヴェロニカ・クライバーさんの発言は貴重だったし、プラシド・ドミンゴとブリギッテ・ファスベンダーというクライバーのオペラには欠かせない大歌手や演出家のオットー・シェンクらの言葉は、どれも興味深かった。
 また、彼の指揮の秘密についての同業指揮者や演奏家による分析もあって、これもなかなか面白かった。が、やはり、誰もが彼の早い死と、残した作品・仕事の少なさを悲しんでいたのだった。結局、それに尽きるんだよな。

 さて、その後にオンエアされたウィーン・フィルとの二つのライブ映像はすでにDVDとしても売られているもの(昔はLD)で、彼の代表的名演に上がるものだと思うが、91年の定期から92年のニューイヤーと続いたこの時期こそ、ウィーンとクライバーの関係が最も良い状態にあったわけで、このニューイヤーの後、来日公演が予定されていて、否応なく期待が高まったのを憶えている。
 残念ながら、来日はクライバーの急病によりキャンセルになってしまい、クライバー&ウィーン・フィルによる「モーツァルト、ブラームス、R・シュトラウス、ウィンナ・ワルツ」という、まさにウィーンづくしの夢のようなプログラムを日本で聴くことはかなわなかった。

 とは言え、この2つのコンサート映像はやはり何度観ても素晴らしい。91年版ではモーツァルト36番の1楽章が古典とは思えない広がりを持っていて好きだったし、ブラームスの2番も大好きな曲なので、共に楽しめたのだが、92年のニューイヤーの楽しさにはやっぱり圧倒的にかないませんでした。もう、ブラボーの嵐ですわ、個人的に。ワルツに体が揺れて、急速ポルカに盛り上がって、絶妙なレガートに溜め息し、喜びから悲哀に移り変わる繊細な色づけに涙がこぼれました。
 
 それにしても、前に観た時は気がつかなかったけど、会場に日本人がたくさんいたなぁ、バブルの後半期だから、さもありなんというところかな。
 
 というわけで、ここしばらくは私の「クライバー・ブーム再び」は続きそう。そういえば、YouTubeには、76年のミラノ・スカラ座での"Otello"とか、79年の"La Boheme"なんかもフルでアップされていたのに驚きました。かつて、海賊版もどきのVHSとCDを買って興奮してた頃が懐かしく思い出されましたが、未だに画質は悪いまんまですなぁ。

 おまけで、86年のバイエルン国立管弦楽団との人見記念講堂でのライブ映像をリンクしておきます。個人的にも楽しみたいので。

「こうもり」序曲


と、ポルカ「雷鳴と電光」




 
[PR]
by harukko45 | 2011-04-11 02:50

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31