日本代表2-1Jリーグ選抜

 大震災へのチャリティーマッチとして行われた大阪・長居での試合、良かったよ。楽しかったし、うれしかった。ザック・ジャパンはヨーロッパ組が元気に戻ってきてくれたし、方やピクシー率いるJリーグ選抜だって、ほとんどがついこないだまで代表だったメンバーばかりで、ほんと、見応えある内容でした。

 サッカー協会とJリーグは震災後にすばやくリーグ戦を中断し、代表戦によるチャリティ・マッチを早々と企画するなど、実に手際のいい動きを見せて、日本スポーツ界のリーダーとしての役割を果たしてくれたと思う。

 チャリティ・マッチでありながら、ザック監督は前半、ヨーロッパ組を中心としたレギュラー組に、お得意の3-4-3システムをトライさせた。これがなかなか面白く、今後へのオプションとして十分に使える手応え感じさせるものであり、このメンバーに香川が復帰し、今オランダで大活躍中の期待の星、宮市が加わってきたりすると、ますます楽しいサッカーを見せてくれそうな予感がする。

 後半は両チームともにメンバーをごっそり代えて、内容は全く違うものになったが、何と言っても三浦カズのゴールに全サッカー・ファンはしびれたでしょう。とにかく、それが見たかった観客の期待に見事応えるんだから、やっぱりカズは持ってるなぁ。かなり、感動してウルっと来たよ。

 これからも日本サッカーを応援します。被災者、被災地への応援が最大の目的なんだけど、見ている私も元気をもらえた素晴らしいゲームでした。本当にありがとう。
[PR]
by harukko45 | 2011-03-30 01:25 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31