3月16日

 福島原発は、極めて危機的状況にある。ここに来て、政府や東電の情報はあまり信用出来ない。なぜなら、彼らは放射能レベルが高すぎて、火災の消火にもいけない状態だからだ。確かに危険であり、決死の作業は続いているだろう。だが、そのことで事態は全く動かず、危機はますます大きくなっていくばかりだ。正直言って、この段階で東電に任せておくレベルではないのではないか。政府は非常事態宣言をだして、自衛隊の集中投入、アメリカ軍の全面協力を要請すべきではないのか。
 これは、全く持って暴言に違いないと思うが、現実に今原子炉内がどうなっているのかが、はっきり把握できない以上、たとえ高い放射能量ではあっても、被曝を覚悟で積極的に行動することを決断しなくてはならないのではないのか。
 そして、これまた暴言だが、今は何よりも、原発収束が最優先問題だ。これに国力の全てを上げてのぞまなければならないと思う。

 菅総理、非常事態宣言を出して、国として一元的に問題の解決に乗り出してほしい。枝野長官、国民に落ち着いて行動することお願いをしている段階ではない。
[PR]
by harukko45 | 2011-03-16 19:06 | 日々のあれこれ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30