フィギュアスケート 四大陸選手権

 3月の世界選手権への前哨戦として、大事な試合だった四大陸選手権、日本期待の男女シングルは共に優勝を飾って、まずは一安心といったところか。
 男子は高橋大輔選手が貫禄勝ち(244.00)で、2位以下に力の差を見せつけた感じ。先月行われたヨーロッパ選手権で優勝したフランスのアモディオが226.86点だけに、今のところは高橋を世界選手権の優勝候補筆頭に上げてもよいのだが、今回出場していないカナダのパトリック・チャンが、昨年末の状態で登場すれば、圧倒的にチャンの優勝になってしまう。なので、まだまだキビシい戦いは続くということ。

 今期の高橋は4回転がなかなか成功しておらず、細かい部分でもまだまだ仕上がっていないことは明白で、ご本人も「課題がたくさん」と語っている。が、なんだかんだ言っても、結局「魅せる」演技ができるのは高橋選手しかいない。是非とも、最高の仕上がりで3月の本番を迎えてほしいものだ。

 女子に関しても、安藤選手が実に安定した滑りで、すっかり「勝者のメンタリズム」を身につけたかの雰囲気。こういう彼女を見るのは、初めてかも。
 浅田選手については、ようやく「見れる」感じに戻ってきたというのが、率直なところ。昨年の今頃のシビレル感じは全くないのだが、これはしかたないのだろう。だが、それでもこれだけ美しい演技が出来るのだから、凄いのだが。やはり、マオちゃんは特別なのでね。
 
 しかしまぁ、本当にキム・ヨナ選手はぶっつけ本番で東京にやってくるのか?これで、優勝されちゃったら、それこそ空いた口が塞がらないってことに。とにかく、彼女の「スケーターとして達成したいことは全て達成した。だから、結果は気にしない。」という言葉にはいささか不愉快な気分になる。
 あー、また再び昨年のようなドロドロしたストーリーが巻き起こるのだろうか。正直、日本勢に圧倒的な強さを感じないので、どうしてもキム選手の様子が気になる。
 本来のエースであるマオちゃんがまだ6分目の出来程度だけに、今期は安藤選手の安定感に期待しつつ、私が一番応援するのは村上佳菜子選手。彼女のスピードとトリプル&トリプルのコンビネーションの完璧さはキム選手を越えると思っております(ただし、彼女のトゥループX2の基礎点はキムのルッツ+トゥループよりも低いので、現在フリップ+トゥループを練習中とのこと)。

 後は番外編として、アメリカのシズニー選手を秘かに応援。こういうエレガントな滑りが出来る人は貴重なのだ。フィンランドのラウラ・レピストがケガで今期いないだけに、美しさではマオとシズニーがダントツかな。
[PR]
by harukko45 | 2011-02-20 22:37 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31