Brian Wilson Reimagines Gershwin

 この前のアップではいかに昨年、ポップス系のCDを聴いてなかったかが、バレバレでした。そう、ほんと自分でも呆れるぐらい、いわゆる洋楽ってやつに興味がなくなっていたのでした。
 ところが、12月になってエルビスのリ・ミックスにやられるわ、ジョン・レノンの「Stripped Down」に刺激をうけるわで、「お、何てこった!油断しまっくてた」ということに気づきました。とは言え、お若いアーティストの作品には、やっぱりピンとこないままですが。

 で、このところちょっと熱が冷めていたブライアン・ウィルソンのことが急に気になって、昨年の秋に出ていたアルバムを最近聴いてみたら、とんでもなくガツンとやられてしまいました。
 「バカバカバカバカ!」前はとてつもなくのめり込んでいたブライアン先生、2004年に「Smile」を出し、その後コンサートも観て、もうすっかり自分の中では一つけじめがついてしまったようで、その後のアルバムに興味が沸かなかったのでした。それを今や大いに恥じ入る次第なのでした。

e0093608_56079.jpg 「Brian Wilson Reimagines Gershwin」、要はブライアンが最も好きな作曲家であるジョージ・カーシュウィンの名曲をカヴァーするって内容なんですが、これがただのカヴァーじゃない。もう、一体化、いや、ガーシュウィンのブライアン/ビーチボーイズ化をものの見事にやっちゃまった。だからといって、原曲へのリスペクトを忘れているわけじゃない。
 でも、とにかく、ビーチボーイズが戻ってきた。って心から感動してしまった。そんでもって、これはガーシュウィンの曲なんだ、すごい曲ばっかなんだけど、リスペクトしすぎて無難に(ジャズ・ビッグ・バンドやらオーケストラで)こなすなんてことは一切なし、さすがブライアン・ウィルソン。

 ということで、心が全く持って穏やかじゃなくなってしまった私は、まだ未聴だった2008年の「That Lucky Old Sun」も急いで聴いてみたのでした。
e0093608_519631.jpg かー!これもすでに素晴らしいじゃないの、何で聴かなかったんだろう。実を言うと、「Smile」大騒ぎの後、やったら「ブライアン神」みたいな人が突然あちらこちらから現れて、そこらじゅうで「傑作!傑作!」って言うは、しまいには「アルバムを出してくれるだけで、幸せ」みたいな評価が飛び交っていたので、個人的には何だか引いてしまう感じだったのでした。
 海賊版の「Smile」や「Sweet Insanity」見つけてきて、一人イジイジ聴いていた時代が懐かしい、なんて。

 とは言え、とにかく遅ればせながらここ最近の2枚を聴いて、ブライアンの才気はまだまだ健在、その才能は全く枯渇してはいなかった。比べてみると、「Gershwin」の方が好きです。「Lucky Old Sun」の方が「ビーチボーイズが帰ってきた」感は強いけど、ちょっと「どこかにあったなぁ」っぽいニュアンスも。「Gershwin」にはそれがもう一歩突き抜けていると思います。でも、もっと聴きこまないとね。

e0093608_5411888.jpg それと、「Smile」とともに幻の傑作で、ブライアンの不運を象徴していた「Sweet Insanity」の新しい版がいくつか出ていたことにも驚き。こちらも早速、仕入れて久々に聴いて涙しております。

e0093608_5415960.jpge0093608_5414822.jpge0093608_5413164.jpg



 
[PR]
by harukko45 | 2011-01-04 05:45 | 聴いて書く

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30