クラブ・サーキット斬り!名古屋編3/12(1)

 前日まで順調にライブをこなしてきた我々だが、この日は少々勝手が違った。なぜかというと、サックスとパーカッションのゴトウさんがスケジュールの都合で宮崎に行ってしまったからだ。ここに来てマイナス・ワンというのも痛いが、なんとか穴を埋めつつ、昨日までのレベルを維持していかねばならない...

“The Hotel Marginal”
 今日はPAさんもゆったりとSEをファイドアウトしてくれた。私のシンセも気持ちよさそうに始まった。ジュンコさんはちょっと気負った感じで歌い始めたが、じょじょにゆったりとした歌いっぷりが戻ってくる。男性コーラス、これまでで一番のできです。ところで、やけに音がクリア、やはりゴトウさんのところにあったマイクがなくなると、いろいろな回り込みの音がなくなるということで、他の音への干渉も減るわけだからね。そのせいでもあるまいが、間奏やその後の男女混成コーラスは実にビューティフルじゃない!全体を包み込むシンセ・パッドがいいムードを作っているよ。ベストに近い内容。

“Crystal City”
 さすがにこれはサックスがいないと・・と思ってたら、そうでもない。これはこれでいけます。私一人でもブラスは大丈夫ですよ〜。とにかく録音の状態が良いので、聴いてて非常に気持ちよい。グルーヴもタイトでスッキリしている。オッサンはこの日買ったばかりのギターかな?音がいつもとは違う。自然とフレージングも変わってくる。まだ、ちょっと弾きにくそう?おやおや、ずっと良かったんだけど、エンディングがグチョってるねぇ。シメもあやしい。残念!

“Simple Love”
 MCは「今晩は!皆様ようこそおいでくださいました。今日はゆっくり、週末のひとときを楽しくお過ごしいただけますように。」このあたり、まったくマイナス・ワンの問題は感じないね。4リズムだけでもいけるじゃん!とにかく、この音・バランスの良さは素晴らしい。聴いててウキウキする。ウエちゃんのドラミングのおもしろさもよく聞こえる。私のエレピの左手とベースとのユニゾンが気持ちよくきまっているのが聞こえるし、いろいろ楽しいぞ。

“シルエット・ロマンス”
 とは言え、この曲のイントロはやっぱりソプラノサックスが印象的だったので、ストリングスで代用したのは寂しい。間奏も同様のことが言える。その他はかわらないとも言えるが、微妙にゴトウ・レスの影響はあるな。特に私ね。手順が変わるので、ところどころいつもと違うノリになっているし、ちょっとかたい。

“愛は時を越えて”
 イントロがバラけた。ところどころ低音部が濁って聞こえるのはどうしたのかな?しかし、じょじょに立て直して2コーラス前あたりからはかなり良くなった。ただ、少しみんなで頑張ってるって感じだな。昨日までのまったりした感じが足りない。だんだん早くなってきた。間奏はオルガンでやったが、だいぶ気負ってるね。ここはサックスなしは痛い。

“残響”
 出だしの感じは良かったが、ところどころ集中を欠いている部分もある。昨日からの流れでよいところもあるが、全体としては物足りない。

“Say Love”
 で、この曲では私のエレピが左しか出ないというアクシデント、これを直そうとイントロで四苦八苦しているうちにシンセが“Simple Love”のプログラミングになってしまい、本当に参りました。ジュンコさんを始め、各メンバーにも少し動揺を与えてしまいました。申し訳ないです。その影響をひきずってしばらく進むのだが、2コーラスあたりからかなりの建て直しに成功しつつある。リズム・セクションのがんばりに感謝。後半は4リズムのみのスッキリしたグルーヴが逆に良いではないか。

“Safari Night”
 このへんになってくると、この編成によるサウンドにも慣れて、これはこれでの良さを感じる。MDを聴くかぎりではベースがもっと大きければと思うが、たぶん会場ではロクさんの演奏は強力にうねりまくっていただろう。

“Paper Moon”
 という声が聞こえたわけはないのだが、PAさんがベースを少し上げたみたい(?)イントロで、ロクさんとオッサンでファンク遊びしている。演奏はかなり良い。タイトでスピード感も満点だ。コーダではサックス・ソロのところまで、オッサンがそのまま突撃するが、今日のオッサンはやはり音が違う。新品ギターが言うことを聞かないのか?

“星を探して”
 全体としては丁寧に演奏している。ただ、ちょっと早いかも。前の興奮が冷めないままという感じ。が、ギターソロの前の盛り上げなどなかなかで、その後のギターソロも内容が濃い。が、PAさんはドラムを上げたのは良かったが、ここのギターが小さかったなぁ。惜しい!

アンコール“A Way”
 テンポは少し早いが、ノリもムードも悪くない。曲の良さがその辺のところを十分カバーしてくれるからだろう。ここでは、全員の演奏の表情がイキイキしていて楽しい。サウンドの視界が良いので、各自のプレイが明解に聞こえるし、太さも感じる。ただし、オッサンのソロはいまいち抜けない。あ、時間オーバーで最後まで録れてなかった、残念。
[PR]
by harukko45 | 2005-04-17 14:31 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31