クラブ・サーキット斬り!大阪編3/5(1)

 大阪2日目、前日の修正点をもろもろ確認して、いざ出陣...

“Beautiful Me”
 前日とちがって、冒頭のコーラスは力強くなり、オープニングにふさわしくなった。それに続くウエちゃんのフィルのタイミングもいい。テンポもタメの感じも理想的!ところが、私のエレピがでない。あら、ボリューム・ゼロ。急いで上げるStupid Haru. いやいやそんなことにはめげず、曲は進む。圧倒的に昨日よりいい唄と演奏。聴き惚れます。オッサンも相変わらずキレてます。ジュンコさんのエンディング間近のフェイクがさりげなくてカッコイイ。全体にソウル度が増した。

“Crystal City”
 イヤー、素晴らしいイントロです。唄中も最高に近い。ここでの私、なかなかよろしいです。リズム・セクションの動きはバネのようにしなやか。オー!オッサン、しびれる展開のソロです。愛してます!あ、エンディング近くで一瞬よろけるリズム、どうしたの?残念!

“Simple Love”
 MC は「こんばんは、ようこそ!今日は思いっきり楽しんでってください!!」。はっきり言って感動します。なんていい曲でしょう。ロクさんのベースの動きが最高。それにからむ私も良い。ここまで3曲間奏が全部ギターソロなのにちっとも飽きない。音色・フレージングともにごきげん。客席の盛り上がりもいいねぇ。

“残響”
 ピアノのイントロは及第点。テンポも良し。Bメロでのギターのキメフレーズはあんまり効果的じゃないね。次回からやめよう。なぜかわからないが、ウエちゃんこの曲うまいねぇ。あら、間奏の私、指がロレってます。申し訳ない!残念!でも、全体のグルーヴはVery Good. でもエンディングがねぇ、ちょっと唐突。
 ディック・リー登場。バンド退場。

“The Hotel Marginal”
 昨日よりもリラックスしたピアノ・イントロ。ゆったりとした雰囲気が本当にリゾートな気分を誘うよ。ジュンコさんも好調。あら、ジュンコさん一瞬飲み込んで(?)しまって歌詞が途切れました。でも、全体的にはDick said, "Beautiful."

“When I Think Of You”
 この回はディックのファンも多く来ていた。だから、ファン一人一人に向かって、"I think of you,you,you and you !" 彼自身もずいぶん楽しそう。ノリノリじゃない。いやー、いい曲だよ。

“Laughter In The Rain”
 これはNeil Sedakaの大ヒット曲で、彼のお気に入りで次のアルバム‘Sunshine’に収録したらしい。これは私も大好きな懐かしい名曲。途中のスキャットもノリノリ、ピアノも昨日より力強い。なかなか好調なディック。

“シルエット・ロマンス”
 全体的には昨日より良くなったが、まだサビが軽いね。もう少しタメたい。というか、あんまりビート出す感じより、「置く」感じかなぁ。ちょっと演歌っぽい表現?一瞬コードが消えたのはオレか?もう!

“Say Love”
 前の曲とは別人のような元気さ。ウエちゃん、ロクさんかっこいいです。フムフム、意外とゴトウさんのパーカッション効いてるね。ここでの私も良いです。コーラスのお二人ともミーティングした成果はすぐに出ました。さすがに二人とも飲み込みが早い!ただし、ストリングスが左からしか出てない。トラブル?やってるときは気がつかなかった。それにしてもイケイケのグルーヴで最高!

“Safari Night”
 おお!イントロ、ばっちりキマってます。文句ない完成度の高さ!ん?ストリングスのトラブルはいつのまにか解消。オッサンのソロ、燃えるなぁ。コーラスかっこいい!オラも歌ってるよ。

“星を探して”
 ちょっと興奮状態のまま突入した感じ。出だしの哀愁度は昨日に軍配が。ユキコさんとジュンコさんのコンビネーションはかなりいい感じ。ぎゃー、オッサンのソロ、また違う感じですごいね。ただし、全体は後半ちょっと息切れ?

アンコール“You've Got Friend”
 ウムウム、なかなかソウルフルなイントロでよろしいよろしい。その後もアトランティック・ソウルの熱い雰囲気で突き進む。が、しかし、MDは途中で時間切れ、残念!!
[PR]
by harukko45 | 2005-04-10 00:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30