クラブ・サーキット斬り!大阪編3/4

 もう4月になってしまったが、手元にあるライン録りのMDを聴きながら、先月のクラブ・サーキットを回想してみようかと思っている。終わった直後にさっさと書けばいいものを、仕事にかまけてついつい後回しにしてしまった。一回書き始めると、なんだかんだとしつこいくせに、腰を上げるまでに時間がかかるのは、アレンジの仕事をするときと同じパターンだ...
 
 しかし、今回は大阪、福岡、名古屋、東京の各ステージの演奏をMDに残してある。これを、この時点で聴き返すことで、また新たな視点でパフォーマンスを評価できるかもしれない。さて、とにかく始めよう。まずは3月4、5日の大阪ブルーノートから。
 
 なんて、えらそうに宣言しておきながら、4日の1ステージ目のMDが不明だ。誰かにかしてそのままか?うーむ、犯人は誰ぞ?というわけで、この回のみ音無しだ。記憶ではディック・リー氏をゲストに迎えての大阪初日、多少緊張気味の一曲目“Beatiful Me”でスタートしたが、かえってミスもなく、冷静でしっかりとした演奏と唄だったと思う。ただ、全体的には少々堅さは否めず、ディックとのコラボもまだまだ深くエグッていけそうな感じだった。
 
 1回目終了後、ディックと我々バンドでしばし談笑、彼は「曲を書くのは好きだが、パフォーマンスはあまりやりたくないんだ。」との発言、私は「Unbelievable!」。私は彼のこれまでの仕事を高く評価しているし、実際にお会いして本当に才能豊かな人であることをあらためて確信した。ただ、最近はあまり目立った音楽活動をしていなかったこともあり、まだ初回は彼自身も謙遜とも少し弱気ともつかない感じではあった。なんてムードで、じょじょにリラックスした我々は2回目のステージに向かう.

“Beatiful Me”
 最初の女性3人のアカペラはまだ少し抑え気味だが、その後の内容はじょじょに熱くなっていく感じが良い。特にオッサンのソロは「たまらん!」ではないか!ただ、この曲は最近のJoss Stoneのようなムードでやりたかった。それには、全体にもうちょっとタメがほしいかも

“Crystal City”
 MCなしで続けるので、私としては一番緊張感のあるところ。音色の切り替え等を手早くすませ、イントロに集中。ここで、ヘクるとこの曲台無しナノヨ!とりあえず無難な始まりだが、いまいち迫力にかけるね。その後もノリがまだ堅い感じ。ただ、後半に行くにつれていいグルーヴになってきたよ!

“Simple Love”
 ここもすぐなので、パッと音色切り替えてっと。イントロの間にジュンコさんが軽くMC。「皆様ようこそ!楽しんでってね!」。いいじゃない!ノリごきげんです!ウエちゃんかっこいいです。前の曲のテンポやグルーヴがむずかしいだけに、ここで一気に解放されるのかな?みんな気持ちよさげに楽しんでる感じが良い。

“残響”
 ここで、ディック・リー作曲の新曲の登場。イントロのピアノは一回目の方が良かったなぁ(と、記憶している?)。ただ、それ以外はなかなか良い。こういう打ち込みビートを生で再現するウエちゃんはおもしろいね。生ドラムで当たり前にやると歌謡曲色が強くなるアレンジなのだが、そこをギリギリ妖しいポイントで残っている(?)。ただ、この終わりはいつも突然やってくる感じがしちゃうなぁ。
 ここで、バンドはステージを下り、ディック・リー氏登場。彼がピアノで、ジュンコさんとともに新曲の

“The Hotel Marginal”
 個人的にはこちらの曲の方が好き。多国籍的なチャンプル感覚が売りだったディックの真骨頂と言えると思う。それと彼のピアノはけっしてテクニックがあるわけではないが、音色がきれいなのでとても好感が持てる。
 さて、ジュンコさんも下がって、ディックの弾き語りコーナー2曲。

“Singapore Nights”
 1996年のアルバム‘Singapop’の後半にさりげなくおさめられていた美しいバラード。彼の最愛の故郷シンガポールへの想いを表した曲と言えるかな。でも意外な選曲。国を想っても、威圧的にもセンチすぎにもならない洗練さが彼の良さ。

“When I Think of You”
 その前のアルバム‘Secret Island’に入ってた曲だけど、確かアルバムではもっとビートがある感じだった。でも、ピアノだけでしっとりやった方がメロの良さがわかって好きだな。途中で“上を向いて歩こう”を口ずさんでなかなかいい感じじゃない!
 さて、ディックを送り出して再びジュンコさんのステージ。

“シルエット・ロマンス”
 おなじみのこの曲にどうのこうの言ってもしょうがないところだが、オリジナルのパターンに近いアレンジはこれはこれでイケルかも。ただ、サビはもうちょっとゆったりしたい。演奏後に客席から声がかかったよ!

“Say Love”
 今回お初の曲で‘Trinta’から。これは、元々生で演奏した方が絶対に良くなると思ってた。それにしてもこういうグルーヴでのロクさんはうまいねぇ。腰振ってる?コーラスのお二人は少しニュアンスが違うかも?後で話し合おう。

“サファリ・ナイト”
 間髪入れずに続く。ありゃ、イントロそろってません!ちょっとコケる。でも、グルーヴはいいよ。オッサンのソロ最高!ぜんぜん発想の違うところからやってくるからスリル満点!

“星を探して”
 ステージ最後の曲。バンドとしては去年の30周年コンサートの初演以来かなり成熟したね。ほぼ満足の行く内容です。キャー!!オッサンのソロがイクー!!。この人は自由にやらせましょう。もっと弾いて、お願いもっと弾いてちょうだい。

アンコール“You've Got A Friend”
 PAさんのミスで、この曲はエンディング間近のところのみ収録。かなり盛り上がって、ディックとジュンコさんがシャウトしまくってるが、ディックが「Junko! Junko! Junko!」と呼べば、ジュンコさん「Dick! Dick! Dick!」と応える。すると、燃えさかったディックは「TOMODACHI ! TOMODACHI ! TOMODACHI !」これには、やられた。
[PR]
by harukko45 | 2005-04-09 00:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31