安倍なつみ/横浜Blitz

 10月2日、安倍なつみさんの秋ツアー"Autumn Voice"のファイナルが横浜Blitzにて満杯のお客さんとともに無事終了しました。いやぁ、メンバー、スタッフの皆さん、もちろんメインであるなっち、心からお疲れさま、って声をかけたいと思います。
 そして、会場で精一杯盛り上げてくれたファンの皆さんには、感謝感謝、大感謝です。本当に本当にありがとうございました。

 それにしても、いろいろな展開で、予想外な部分も多かった(特にバンド・メンバーを巻き込んだ「オータム・ヴォイス」コーナー)今回でしたが、音楽的には短い時間ながらすごく充実した成果を上げることが出来たと思っていて、個人的にも満足する部分が多かったと思います。
 別の言い方をすれば、なっちのライブに初めて関わった"Angelicツアー"から約2年経ち、ここに来て「一つの形」にまで辿り着いたようにも思います。もちろん、今回が全て完璧だったわけではないけど、それでもずいぶん深化した内容になってきたな、と思われるのでした。

 それは、4人編成の基本的なバンド・スタイルでツアーを回れたことも大きいです。ドラムの高杉登さん、ベースの六川正彦さん、ギターの徳武弘文さんによる「愛のある」演奏がなければ、こういう満足感はなかったでしょう。

 また、日程がタイトな強行スケジュールも逆に幸いしたかもしれません。それだけ、各自が集中する時間がより蜜で濃くなりましたし、体力的にきつい部分を皆でカバーしあったとも言えるからでした。それもこれも、すべて「なっち」のため。そういう気にさせるだけの器量と魅力を安倍さんがしっかりと持ち合わせていたからこそ、我々もやる気になったのでした。

 さて、昨日のファイナル2公演、途中の「オータム・ボイス」コーナーでは完全になっちとプロデューサーにハメられた感のあったバンド4人で、みんな「頭が真っ白」になるような感じで、ほんとドギマギしていましたが、それはおいても、一致団結したステージ上の皆のエネルギーは素晴らしかったです。これで終わるのがちょっともったいない気がします、ほんとに。

 例によってセットメニューの詳細は別にアップしたいと思います。とりあえず、各地で観に来てくださったファンの皆さんには、もう一度お礼の言葉をおくります。ありがとうございました!!!
[PR]
by harukko45 | 2010-10-03 05:39 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30