ワールドカップ/ラウンド16

 決勝トーナメント1回戦、4試合が行われ、ここまでは前回のアップで書いた、私の予想通りで来ておりますな。

e0093608_5494029.gife0093608_5495531.gif 韓国は素晴らしいチームだったし、確かに東洋一だと思うが、やはりウルグアイの強力FWに粉砕されてしまった。スアレス一人に2得点は個人のレベルの高さをまざまざと見せつけられた。1点目はフォルランのクロスに韓国GKと守備陣は一瞬惑わされた感じで、その空白をスアレスにつかれた。
 2点目は全く持ってスーパーなスアレスのシュート。今大会のベスト5に入るであろうゴールだった。

e0093608_550145.gife0093608_550311.gif 120分間の大激闘、お互いに死力を尽くしたが、ガーナが延長でのギャンのゴールを守り切った。
 アメリカは確かに粘り強い。ここまでは「ナバーギヴアップ」の精神で何度も奇跡を起こし、見事に勝ち上がってきたが、どうしても好きになれなかった。何と言うか、もう一つ「技」がないのだ。結局、決定的な仕事が出来るのはベテランのドノヴァンだけだったように思う。

 今大会のガーナはエッシェンのようなスターがいないが、それでもギャンを中心によくまとまっている。これほど組織的なアフリカ・チームは今まで見たことがないし、彼らの守備は実に強かった。ただし、次のウルグアイに勝つのはかなりむずかしいと思う。唯一残ったアフリカ代表として頑張ってほしいとも思うが。

e0093608_5505833.gife0093608_551117.gif 誤審によるイングランドの幻の1点は気の毒ではあるが、それでも勝負は圧倒的にドイツのものだったろう。チームとしての出来が違いすぎる。若いドイツは、個人としても素晴らしいが、それがチームとしてとてもよく共鳴しあっている。特に後半のカウンター2発の完璧さには感動した。
 一方のイングランドは有名スターばかりだが、ちっともチームになってない。そもそも走りですでに負けていた。
 ドイツは、この大会でも優勝候補だと思うが、この若者達は未来も凄そうだ。私は初戦のオーストラリア戦を見て、完全に彼らに惚れ込んだ。次は強豪アルゼンチンで、かなり面白い試合になるのを期待したいものの、共に好調なだけに、逆に膠着した試合展開になるかもしれない。PK戦での決着もありうるか。ドイツ最大の試練は次戦だと思う。

e0093608_5515641.gife0093608_552792.gif 文字情報だけで、映像は見ていないが、メキシコにも誤審があり、彼らのモチベーションを下げる結果になってしまったようで、実に気の毒だった。いよいよFIFAも、せめてゴールに関してだけでも、ビデオ判定を導入すべきだろう。

 とは言え、やはりアルゼンチンの強力さは変わらない。決定力の凄さは今大会随一かもしれない。のちほど、録画でアルゼンチンの華麗な攻撃を楽しみたい。
 だが、次のドイツとはむずかしい戦いになるのではないか。かつてのイタリア大会でマラドーナが西ドイツにやられたように、メッシもかなり削られるか。
 とにかく、どちらのチームにとっても最も過酷な試合になることは間違いない。

 私はメッシが大好きだが、ここはチームとしてのドイツを応援したい。
[PR]
by harukko45 | 2010-06-28 06:31 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30