ワールドカップ2010/グループC 第3戦 

e0093608_318855.gife0093608_3181944.gif グループリーグでの戦いとその結果というのは、いつもどこかで不条理さを感じさせる部分が残るもの。2戦までいい戦いをしていても、最終戦で負けると途端に地獄行きになってしまう場合がある。今回はスロベニアがそう。彼らは実に難しい戦いになってしまった。運が悪かったとしか言いようがない。彼らはなかなかいいチームだったし、2戦までは首位だったが、今夜突然3位に転落、南アフリカから去らねばならなくなった。
 逆にイングランドは2戦まで絶不調、グループリーグ敗退の危機とまで言われて本国では批難されていた。でも、結局この試合に最少得点で勝ってしまえば万事OK。これからが本番とばかりに、張り切ることだろう。

 イングランドはとにかく勝ち切って、彼らの名誉をギリギリで守った感じ。だが、あまりうまくはいっていない。今後勝ち上がっていけるかどうか。ただ、優勝請負人とも言うべき名将カペッロの真骨頂はここから発揮されるのかもしれない。

e0093608_33049.gife0093608_3301820.gif もう一試合、アメリカ対アルジェリアは、ロスタイムでの劇的なゴールでアメリカの勝利。これで、彼らがイングランドを抜いて1位で通過となった。
 それにしても、アメリカは強豪相手にはかなり面白い戦いをするのに、格下には手こずるのはどういうわけか。でもって、いつも終盤になって「ガンバッテ」何とか追いついたり、今日のように勝ってしまうというのは、どうにも参るよ。
 とにかく、決勝トーナメントも頑張ってください。私はスロベニアが突破できなかったことが残念だったので、アメリカの勝ち抜けにこれといった思いはない。
[PR]
by harukko45 | 2010-06-24 03:35 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31