ワールドカップ2010/グループE 第2戦 

 昨日今日と更新できなかったが、その間に大変な出来事が起こっていた。フランスが敗れ、ドイツが敗れ、イングランドが点がを取れない。スペインから始まった不吉な流れはオランダまで届くのか?

e0093608_22575076.gife0093608_2258195.gif 残念ではあったが、これが力の差と言うしかなく、とにもかくにも絶対に押さえ込んでほしかった、スネイデルにやられるなんて、本当に本当に悔しい。
 ただ、全体としては特に前半、相手の良さを消す作業はほぼうまくいっていたと思う。少なくともカメルーン戦や前回のオランダ戦よりずっと良かったと思う。だが、当然相手は後半開始直後から、一気に攻撃にくるのは当たり前なのに、前半うまくいったからという油断がどこかにあったとしか言いようがない。

 TVではセルジオ越後氏が、後半あれだけ攻めることができるなら、前半からやれば良かったって話しているが、私はそうは思わない。相手はオランダで、カメルーン以上に厳しい試合であり、無謀なチャレンジをして大量点を取られては全く意味がない。だから、今回の岡田戦術にはそんなに不満はない。
 それよりも、1点取られてからの相次いで投入した攻撃の選手達がほとんど機能しなかったことが大きく不満なのだ。
 中村俊は、まったくコンディションが上がっていないのか、それとも試合勘が鈍っているのか、彼の消極的なプレイぶりにはガッカリした。リズムや流れを変えるべき切り札がこれでは、点は取れない。かえって、バテていたかもしれない松井と大久保を残してくれた方が良かった。岡崎はまあまあだったが、玉田はほとんど脅威になるような仕事がなかったし、チームがそれで活性化することはなかった。
 最後のパワープレイで目立ったのはトゥーリオや長友らスタメンの連中だった。

 本田はファンボメルとの戦いでかなり消耗していたか。でも、実に嫌な選手であるファンボメルを潰すのは大事な仕事だったから、ある程度は評価できる。が、本人も語るように攻撃ではだめだった。

 ということで、最終戦のデンマークは最初からガチンコで攻め合う試合になるだろうから、攻撃陣で使える選手を間違いないようにしてもらいたい。中村憲は使えないのか、森本はコンディションが悪いのか。次は本当の意味での死闘になる。こちらも今日とは比べ物にならないような意気込みで応援したい。それに応えて、選手達が全てを出し尽くしてくれることを望みたい。

e0093608_15413149.gife0093608_15414490.gif 眠気に勝てず、見ていない。デンマークが逆転勝利したことで、日本との最終戦が生き残りをかけた真剣勝負となった。カメルーンには気の毒だったが、チーム内の結束や監督との不和が噴出しては、やはり勝てない。
 デンマーク右サイドのロンメダール封じのための長友と、エースのベントナーに仕事をさせないための阿部、中澤、トゥーリオの仕事は大きい。そして、何よりこの試合は最低でも引き分け、それには慎重さも大事だが、有利な展開に持って行くべく、クレバーで果敢な攻撃陣がすごく重要。オランダ戦で今一つだった本田、遠藤にはオシム曰く「殺し屋の本能」に目覚めて欲しい。それは、好調の松井、大久保にも言えるし、後半投入されるであろう選手達にもだ。

 とは言え、4年前、ほぼ絶望的な思いで迎えたブラジルとの最終戦に比べ、今回は全く違う心境でのデンマーク戦を迎えられることに、大いなる喜びも感じる。だからこそ、選手達には奮起してもらいたいし、私も心から応援して、しっかりと見守りたい。
[PR]
by harukko45 | 2010-06-19 23:37 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31