ワールドカップ2010/グループE 第1戦 

 ワールドカップ4日目、グループEの2試合。そして、我らが日本代表がカメルーンを撃破、見事な勝利で勝ち点3、ありがとう!!!

e0093608_1483159.gife0093608_148448.gif 昨夜のTV朝日「Get Sports」にて、日本サッカー協会技術委員長である小野剛氏が、カメルーンの弱点をかなり具体的に解説して、特に左のセンターバックの裏をつくことを指摘していたのだが、今日まさに本番において、日本がその通りにディフェンダーの裏を狙うクロスを徹底していたことにまずシビれた。(まぁ、当たり前と言えば当たり前なのだが)そしてその戦術が見事に的中、前半39分に先制したのだから、強烈にシビれて、久々に歓喜の雄叫びをあげてしまった。

 本田、実に落ち着いて決めてくれました、ありがとう! 松井、最高の切り返しから、左足でのクロス、パーフェクトでした、ありがとう! 大久保、今日一番のハードワーク、気持ちを全面に出してのキレたプレイぶり、素晴らしかった、ありがとう!
 正直、これまでの日本ではなかなかありえなかった、個人の力でなんとかできる3人が絶好調であったのが、ものすごく良かったし、久々にいいサッカーをする日本を見せてもらいました。

 長谷部、遠藤、阿部の中盤トライアングルは、それぞれの役割分担とその切り替え、入れ替わりが実にうまくいっていて、ちゃんとしたハーモニーを生み出したいたことも絶賛したい。まさに、ここが日本のダイナモなのですから。
 左サイドバックの長友の充実ぶりは、ここ最近特に際立っていたが、それがこの本番でようやくチームの勝利と結びついたことは大きい。エトーにほとんど仕事をさせなかったのは確かだ。(だが、後半4分に3人を抜き去ったエトーはやはり凄かった。あの突破がゴールに結びつかなかったのはラッキーだった。)

 それと、カメルーンのチーム内における内紛(?)と混乱にも助けられたと言える。アーセナル所属で、中盤の要であるソングが出ないなんて、やはり信じられない。元々ルグエン監督と仲が悪かったらしいが、ここに来て最悪の状態となったようだ。
 エトーも本来なら左か真ん中に配置したい選手だと思うが、このチームでは右に置かれて、時に中盤に下がってゲームメイカー的な役割をさせられている。これもある意味助かった。このチームにはゲームを作る人材がいないために、やむなくエトーがそれも兼ねているようで、おかげで彼の怖さの半分がすでに消えていたのだった。

 とは言え、4年前のオーストラリア戦での屈辱を乗り越えてくれた日本代表を今日は大いに讃えたい。あまりにも暗く重いものが、ようやく一つはずれた気分だ。
 だが、まだ戦いは続く。あと2戦を戦い抜いて、まずはグループリーグ突破という結果を出してこそ、初めて日本サッカーに再び光りが見えてくるというものだ。是非とも、チームは結束していて、大仕事を達成してほしい。ガンバレ、日本!!!

e0093608_2502189.gife0093608_2503141.gif さて、日本戦の前に行われたオランダとデンマークの一戦。前半はデンマークがさすがの堅守で、オランダは一日前のドイツのような派手な攻撃をすることは出来なかった。だが、後半早々のデンマークのオウンゴールで、そこまで踏ん張っていた堤防が一気に決壊してしまった。デンマークのエースであるベントナーは出場したものの、まだケガの回復は万全ではないのだろう、後半途中の交代で、デンマークが追いつく可能性はかなり低くなった。

 オランダにしてみれば、相手からのプレゼント・ゴールだけで勝利したら、国内のうるさ方や有名OB達が黙っていないし、ファンとマスコミからも批判されるに違いないので、とにかく自力で2点目をとらなければならないわけだが、それは後半40分になってようやく達成された。まぁ、これで何とか面目が立ちましたな。
 もちろん、素晴らしいプレイが随所にあり、強いのは確かです。でも、そんなにビビるほどじゃないような気もします。スナイデルを阿部と遠藤で徹底マークして潰しにかかり、ロッベンはたぶんまだ出てこないと私は踏んでいるので、ファン・デル・ファールトが今日のように左サイドなら、松井のドリブルとクロスや長谷部と本田を加えた右サイドのからみは、かなり使えるのではないかと思いますね。是非、どんどんトライしてほしいです。
 ただ、ファンペルシーは最も危険であることは間違いない。個人的には好きな選手なのですが、日本戦では空回りし、孤立してイライラする状態になるのを祈ることにします。
[PR]
by harukko45 | 2010-06-15 03:22 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31