ワールドカップ2010/グループB 第1戦

 ワールドカップ2日目に入って、今大会最大のスターが登場。その名は、リオネル・メッシ!!

 だがその前に、韓国とギリシャの一戦。

e0093608_221455.gife0093608_2211725.gif 韓国国民の皆さん、おめでとうございます。そして、今回のチームは本当にこれまでで最強に違いありません。ひょっとすると、2002年以来の快進撃も夢ではないかもです。ほんと、うらやましいほど良いチームです。日本も韓国に追いつけ追い越せでやってきたのに、ここに来てまたまた大きく水をあけられた感が強いです。
 この試合、全くの韓国の完勝、快勝、圧勝でした。攻撃のスマートさ、守備の固さ、チーム内の意思統一、走力、忍耐力、等々においてギリシャとは比べ物にならない完成度でした。そして、個人としても有能な人材がそろっているし、何よりパク・チソンという絶対的なリーダーが見事な活躍をしている姿には圧倒されました。次のアルゼンチン戦をうまくしたたかに試合を運べれば、かなりの確率でグループリーグを突破するのではないでしょうか。
 
 ギリシャは、かなり出来が悪かった。お国の状態がそのままチームにも影響しているのでしょうか。国が苦しいときだけに、もっとガッツを見せてほしかった。とにかく、体が重そうで動きが悪すぎ、アイデアもないし、このままではとても厳しい。では、この状況を劇的に改善するような策があるかどうか。今のレーハーゲル監督に2004年ヨーロ優勝時のようなマジックがあるようには見えないのですが。

e0093608_2374066.gife0093608_23751100.gif さて、メッシの登場です。マラドーナの登場です。ワクワクします。
 ですが、きょうのゲームでは、毎度のことですが、グループリーグでは本気を出さない感じがミエミエでした。なので、早々に1点取ったら、後は何ともしまらない感じで90分しのぎ切りました。調子悪くても、結局は勝つところがさすがです。だから、1-0での勝利が決まった時のベンチと選手達の喜びようがすごいすごい。どんなだろうと、勝つことが全てよ、うー。
 内容的にはつまらないものでしたが、メッシがいるからってバルサのサッカーを期待しちゃいけないわけで、アルゼンチンの初戦は強敵ナイジェリアに勝ち切ったことが素晴らしかったとしておきましょう。

 とは言え、メッシ君自身は、けっして出来が悪かったわけではなく、かなりシビれるプレイを随所に見せてくれました。それよりも、メッシ以外がいまいちな状態で、「何はなくともメッシに頼めば何とかなる」的状態だったと言えるでしょう。それと、メッシとイグアインのシュートをことごとくセーブしまくったナイジェリアGKのエニェアマをほめなくちゃいけません。
 アルゼンチンは、この勝利でいいスタートを切ったわけですから、これからどんどん調子が上がって行くのを期待したいです。

 そしてナイジェリア。今の彼らは強いのかどうか、よくわかりません。今日のように、相手に合わせたような感じでサッカーしていくのなら、あまり怖くないのでは。今日見た印象では韓国の方が強いような気がします。でも、負けたことで、次はどうしても勝ちにいくでしょうから、そこで個人個人が爆発してほしいです。今日のようなパフォーマンスではせっかくのアフリカ開催なのに、フラストレーションがたまりますよ。
[PR]
by harukko45 | 2010-06-13 02:58 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31