保田圭&矢口真里コンサート2010(4)

前回(3)からの続きです。

 コンサート終盤です。
 m7.モーニング娘。メドレー(LOVEマシーン~そうだ!We're Alive~ハッピーサマーウェディング~ザ・ピース~恋のダンスサイト~恋愛レボリューション21~LOVEマシーン)

 言わずもがな、解説不要のヒット曲メドレー。今回は特にダンス系のイケイケ路線で構成されました。どの曲のどこを選ぶかの原案はお二人からあり、私がつないでいくうちに、各曲の歌以外のオイシイ部分をちょっとずつ加えさせてもらいました。最後は"レボリューション"で終わる予定でしたが、やはり"LOVEマシーン"で締めたほうが盛り上がると判断しました。

 いろいろリハ中も流れが良くなるように変更して行きましたが、トータル・タイムは10分以上になってしまいました。かなり内容は濃いのですが、実際やってみるとあっという間に過ぎ去る印象でした。それは、楽曲の出来が良い、それに尽きるでしょう。今聞いても、いや、今聞いてみるとより、この当時の曲がよく仕上がっているのがわかるというものです。
 
 つんく♂&ダンス☆マンによるこれらの曲は、まさに20世紀末から21世紀初頭のJ-Popを代表する傑作集でしょう。オリコンのチャートだけを見ても、LOVEマシーン(1位)恋のダンスサイト(2位)ハッピーサマーウェディング(1位)恋愛レボリューション21(2位)ザ・ピース(1位)そうだ!We're Alive(1位)という堂々たる成績。

 で、その中味については、まず1999年の"LOVEマシーン"が大傑作。つんく氏が「音楽の神が降りて来て作った」と言うのも納得したくなるほど完成度が高い。とにかく、アイドルがどうのこうのなど気にせずに、とことんやりたい事をやり切って、商業的にも大成功したモー娘。初の曲だ。
 一つの曲として見ると、個人的には"抱いてHold On Me"の方が上と思うが、他の要素(ダンス振り付け、PV、モー娘。としてのキャラとその世界観の確立、等々。)を含めた総合点でダントツにトップとなることは間違いない。
 我々の世代にはこの曲はショッキング・ブルーの"ヴィーナス"が下敷きになっているのがわかるが、元曲を巧妙にパクってヒネりながら、全然レベルの違うサイケ・ディスコともいうべきポップ・チューンに仕立て上げたのが素晴らしい。「特上の労働歌」との評価も面白い。

 続く2000年の"恋のダンスサイト"はドイツのジンギスカーンが元ネタなのだが、ここまでとことんメチャクチャしてくれりゃ、文句ない。ただ、"LOVEマシーン"の方が品があったかな。で今回は、やぐっちゃんの「セクシービーム!」からのサビと後半のガヤガヤをいただきました。「あー、なんだ。動物園みたい。」が聞きたくて最後までつきあう、私。

 同じく2000年の"ハッピーサマーウェディング"では、クレイジーキャッツ的なコミック・ソングの要素が強くなった。ただ萩原哲晶先生ほど過激に突っ込めなかったのは、アイドルとしての限界があるかも。でも、中澤さんのセリフにはやっぱシビレます。で、そのバックに流れる仕掛けはかなりイケテルので、最初インストだけでやっていたのですが、やぐっちゃんが最終日のリハでセリフをつけてくれました。オジサン、感動しました。(これが結婚式での花嫁の父の心境だったのか?)

 20世紀最後を飾る"恋愛レボリューション21"は、これまた傑作でしょう。インチキ臭さとカッコ良さがうまく同居してて、MFSBやE,W&FをパクってのB級狙いなのに、それをトコトンやったらワン・アンド・オンリーの世界が出来ちゃったって感じ。これはモー娘。しかない世界。つんく氏のプロデュースだけでなく、メンバー達の個性が曲を引き上げていると思います。
 なので、少なくとも1コーラスはやらないと申し訳ない。

 21世紀に入っての"ザ・ピース"もなかなかカッコイイです。始まりのシュプレヒコールの部分はモー娘。のガヤ史上で最高の出来ではないでしょうか。ただ、曲としては"レボリューション"の続編的でもありますなぁ。なので、ちょっと評価下がるか?

 しかし、ダンス☆マン編曲の最後のシングルとなった"そうだ!We're Alive"には、これまでの全てを5分間にぶち込んでしまえ的面白さがあります。やりすぎ覚悟でやりつくしたダンス☆マン氏に敬意を表したい。それでいて、今までディスコ一辺倒だったのが、ここに来てファンクっぽいトライもあるのが新鮮でした。なので、ここではつんく氏より、ダンス☆マン氏のエネルギーが勝っているのではないかと思います。

 などと、それぞれの曲にはファンの人々もいろいろ思い入れがあるでしょうから、私の独断による雑感はこれぐらいに。とにかく、おいしい要素がたくさんありすぎて、カットしてしまうのがつらかったのをご理解ください。それでも、このメドレーを会場の皆さんがかなり喜んでくれたのが、ステージにもよく伝わって、こちらもますます燃えることになりました。

 それにしても、当時の振り付け通りのハードなダンスを再現しながら、他のメンバーのパートもすべて歌うヤスダ&ヤグチは素晴らしい。ドラムのナオちゃんはあまりのハードな動きをしている二人を見て、少しテンポを抑えたくなった、と言ってました(でも実際にはイケイケでしたけど)。
 すべてを再現するにはもっと人数が必要にちがいないですが、今回はボーカリスト2人、バンド4人でもよくまとめられたなと感じています。
 だからってわけじゃないけど、完全に燃え尽きました。それに、最後のステージでは手が痛くなった。ベースのロクさんも「手がちぎれそう!」と唸ってましたよ。皆、よく頑張った。Nice work!

 m8.君に届け
 本編最後は圭ちゃん、やぐっちゃんの初共作にして、今後とも大事に歌われて行くであろう曲。彼女達が思い入れ強くするのがよくわかるほどの佳曲に仕上がってきました。
 今回はレコーディング用にアレンジされて、スタジオ版では生のストリングスが実に効果的にダビングされて、スケールの大きなバラードになっています。特に作曲担当で、アレンジャーさんとの関わりも強かった圭ちゃんが、細部にわたってこだわりを見せていました。ですから我々は、今回のアレンジメントを出来る限り忠実に再現すべく心がけたのでした。

 前のメドレーで、息が上がった状態だったでしょうが、思い入れが強い分、この曲での気持ちの入った二人の歌いっぷりは毎回本当に良かったです。

 En.サマーナイトタウン
 当初、セットメニューではアンコールは考えられていませんでした。メドレーがどうなるかわからなかったし、トータルの時間を考えて、"君に届け"がアンコールになる可能性もあったからです。

 しかし、これだけの内容になったのだから、絶対にアンコールは必要、なけりゃおかしい、ということになり、急遽"サマーナイトタウン"の再演となりました。もう少しリハに余裕があれば、別の曲を用意する事もできたかもしれませんが、今回はそこまでいけませんでした。ちょっと残念であり、反省でもあります。
 ただ、今回の内容なら、今後いくらでも発展可能であり、どこでやっても恥ずかしくないコンサートになると確信しています。MCでお二人が思わずしゃべった「全国ツアーがやりたい」っていう思いが是非実現できるようにと、私も強く願っているのでした。

 さて、長々とここまで読んでいただいた方には厚くお礼申し上げます。また、各会場で一緒に盛り上がってくれた方々にも心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
 私としても、楽しくやりがいのある仕事に関わる事が出来て、うれしさで一杯でした。この後は、夏から秋に向けて安倍なつみさんとのライブ・ツアーが控えています。今回の熱さを忘れずに、なっちの方でも全力で頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくです。
[PR]
by harukko45 | 2010-06-04 23:16 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30