保田圭&矢口真里コンサート2010

 5月末に3回公演があった保田圭さん&矢口真里さんの13年目記念コンサート「君に届け」をふりかえって行きたいと思います。

 私個人としては彼女達とのご縁は2008年でのスイートベイジルでのショウからですが、これまでの2回のセットでは共にパーカッションとアコースティック・ギターにキーボードという編成に、選曲もカヴァーものが中心という内容でした。それでも、彼女達二人の歌うことへの強い情熱に、こちらも感化されてどんどん曲に入り込んでいくようになっていったのでした。
 で、今回は「スペシャル」と銘打たれたコンサートであり、バンドもベースを加えた4リズムになったことで、サウンド的には格段に広がりが作れるようになりました。3から4になることは段違い。
 リハの初日にやって来た圭ちゃんが「ドラムスがはいっているのが新鮮でうれしい」と語っていたのが印象的でした。これまでのバンド編成ではどうしても音楽的な制約があったのは事実でしたから。

 で、今回参加してくれたミュージシャンは私とともに、2年前のスイートベイジルで一緒だったギターの玉川雄一君と、本来はパーカッショニストですが、今回はドラムスをお願いした佐藤直子さん、そして安倍なつみさんのバッキング等でもおなじみのベース、六川正彦さんという組み合わせになりました。
 この中で特筆すべきはドラムスのナオちゃんですが、なんと彼女はドラマーとしてこのようなステージをこなすのが初めてでありました。リハの当初ではご本人はドラムスをやることに不安を感じていたようですが、さすが度胸と才能を持ち合わせたナオちゃんは、堂々と本番をやり切ってくれました。
 私なんかは、もとより心配してなかったんですがね。

 また、今回のもう一つの特徴としては、セットメニューがオリジナル中心になった、ということでしょう。特に保田&矢口作による楽曲が3曲も入ったことが大きい。それにプラス、「モー娘。」時代のヒット曲を堂々とからめたことで、本当の意味での「彼女達の」ライブとしてきっちり成立したのでした。

 m1.Opening〜サマーナイトタウン
 1998年のモーニング娘。2ndシングルである"サマーナイトタウン"は、二人にとってのデビュー曲であるので、ひときわ思い入れが強いようでした。ですが、この曲のイントロはほとんどないので、コンサートのオープニングとして「前ぶり」的なものを付け加えねばなりません。
 そこで、今回のツアー・タイトルであり、メイン曲でもある"君に届け"のイントロを借りて、それを少し発展させた形でまとめてみました。とにかく、ディナーショウではなく、コンサートであることを印象づける意味で、いつもより派手目にしたかったのでした。また、「君に届け」のフレーズを使うことで、本編最後との繫がりを持たせて、ある一つのテーマ性を作りたかったのでした。

 "サマーナイトタウン"はラテン色の強いダンス・チューンで、全編にサルサっぽいピアノがフィーチャアされたアレンジ。CDではパーカッション系などの音やキーボードがいろいろ入っていますが、もちろん今回はザックリとしたビートで押切る感じにしました。元の音源のどこを生かして、どこを削るかは常に悩むポイントです。

 m2.たんぽぽ〜ちょこっとLOVE
 2曲目はモー娘。の「グループ内ユニット」メドレー。全然違う曲調の2曲をつなぎ合わせるっていうのも大胆ですが、これが結構面白かった。

 やぐっちゃんが所属していた「タンポポ」はモー娘。とは違う大人っぽい路線で、"ラストキッス""Motto"には少し実験的とも言えるようなトライがあり、とても惹かれた。
 "聖なる鐘がひびく夜"も2008年のクリスマス・ショウで演奏させてもらった時に、その凝ったアレンジの面白さには感心したものだ。
 で、その「タンポポ」の文字通り代表曲である"たんぽぽ"は実にポップで心地よい仕上がり。でも、きちんと大人っぽい路線を守っているのでした。今思うと「たんぽぽ」の初期の曲はレベルが高い。

 圭ちゃんが所属した「プッチモニ」はのっけからミリオン獲得の大ヒットでしたっけ。つんく氏おとくいのコミック系曲だけど、このスカ・ビートっていうのは演奏してて燃えるのよ。個人的には80年代のニューウェイブ時代を思い返すから余計テンションが上がるのでした。この"ちょこっとLOVE"って今聞いてもカッコイイし、よく出来てると思います。この1年後に出た、EE JUMPの"イキナリズム"とともにあの当時まさに「やられた!」って曲。

 2曲はまるっきり正反対の指向による曲調なのに、妙にマッチングが良かったのは意外でした。もちろん、歌っているのが本物だからだけど。考えてみると、彼女達の歴史はなかなか凄いんだとあらためて感じるわけ。

 ちょっと長引いたので、次回(2)に続く。
[PR]
by harukko45 | 2010-06-01 23:53 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31