世界卓球2010/日本男女メダル確定!

 連日熱戦続きの世界卓球で、日本男女共に準決勝進出で、見事メダル確定。素晴らしい戦いぶりに感動でありますよ。
 はっきり言って、ワールドカップを控えたサッカー日本代表の韓国戦での敗戦など語る価値なしでしたが、私はテレビ東京で放送していた世界卓球のグループリーグの戦いぶりには、すっかりのめり込んでしまいました。女子は台湾戦が激闘ではあったけど、それでも今までの中で最も安定した強さを感じさせていたし、男子はドイツに惜しくも敗れたものの、エース水谷君が絶好調で、こちらも順当に決勝トーナメントに進出。
 しかし、やはりトーナメントに登場するチームはどこも強い。それまでのグループリーグの試合内容とはレベルが格段に違い、ものすごい見応えあるゲームばかりでした。

 男子では一昨日のオーストリア戦がかなりしびれた。1番手の吉田、2番手の水谷がともにフルセットに追い込まれての大接戦にハラハラさせられたが、見事に粘り勝ち。実に頼もしい選手達でありました。そして、続いた岸谷がビシっと決めてのベスト8進出。
 準々決勝での香港戦はこの試合に比べると圧勝に近く、意外にあっけない勝利でのベスト4となった。
 
 一方の女子はグループリーグ1位通過で、せっかくベスト8からの戦いだったのに、何と相手が宿敵・韓国となったので、ちょっとクラっとしてしまった。全くどうしてこういう組み合わせになるのか!って感じ。
 だが、今大会の日本女子は本当に強い。特にメンタルの部分での逞しさには感動したよ。1番手の平野、全く持ってすごい人です。絶対に折れない、あきらめない。それで、パクにフルセットでの勝利。本当に頼りになる。
 だが、続く福原はキムに惜しくも敗れてのタイ。敗れたものの、ランク上位の韓国エースをもうちょっとのところまで追いつめた素晴らしい戦いだった。
 そして、3番手の石川。彼女は本当にでかいことをやってのける。0-2からのフルセットでの大逆転勝利に興奮しないわけがない。何と言う17才。この勝利はものすごく大きかった。

 で、再び平野登場だったが、相手のキムもさすが。息の詰まるようなこれまた大激闘なのに、突然生中継が終了。何やってんの、テレ東!冗談じゃないよ、全く!

 というわけで、後はネットによる速報をにらめっこしながらドキドキハラハラ、イライラワクワクの状態でした。

 その後フルセットの末、平野は残念ながら敗れた。だが、それはしっかりと最後の福原につながった。今大会の愛ちゃんは本当のエースです。それに、こういうおいしい部分で出番が回ってくるのって、やっぱり選ばれたスターの証なんだろう。
 はっきり言って、強敵キムに比べれば、パクはそれほどでもなかった。それぐらい福原は強さを見せてくれた。4ゲーム目での愛ちゃんにはホレボレしました。そして、勝利が決まった時の思いっきりの笑顔が、これまた素晴らしかった。
 北京五輪で敗れて4位に終わった日本女子が、韓国を敗ってのメダル確定は、最高にうれしい。見事なレベンジ達成でありました。

 さて、これで男女共にメダルは確保したものの、次の相手は共に中国。正直、かなりの困難が待ち受けているだろうが、それでも、今までとは違う強さを持ちつつある日本チームが王者中国を大いに苦しめるのを期待したい。もちろん勝利を願うけど、現実の厳しさも十分理解しております。
 でも、最後まであきらめない今の日本チームが何かを見せてくれるだろうと信じております。頑張れ、ニッポン!
[PR]
by harukko45 | 2010-05-29 05:14 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30