先週から

 怒濤の4月仕事月間は昨日で終了、とりあえず無事にこなす事が出来て一安心であります。

 まずは、先週15日から18日にかけて、シンガーソングライターでプロデューサーとしても活躍されている上新功祐さんのソロ・プロジェクトでのレコーディングがありました。ここでの私はキーボードの他に、譜面を書いたり、参加した他のミュージシャン達とコースケ君との仲立ちをするような仕事をしておりました。スタジオでのレコーディングは15日と18日の2日間でしたが、その合間にも自宅でダビングしたりしていたので、私個人は4日間取り組んでいた事になりました。

 コースケ君は私よりもずっと若いですが、実に的確な指示をミュージシャン達に与えていて、さすがにプロデュースの仕事に長けている人だなと感じましたね。もちろん、出来上がっていくオケがどんどん良くなっていくので、とても感心しました。
 とりあえず、バッキング・トラックに関してはいい感じで終了し、現在は彼自身のボーカルとトラックダウンが進んでいるものと思います。完成が楽しみです。

 そして、その18日は夜、別のスタジオに移動してサカイレイコさんの7曲入りアルバムのトラックダウンに立ち会いました。ミキサーの由田さんによるミックスは、私もレイコさんも満足行くものに仕上がっており、とてもうれしかったです。最終的には5月2日にマスタリングで完成です。いやー、良かった良かった。

 20日は午前中に大阪に向かい、タケカワユキヒデさんとのライブがありました。これはちょうど1週間前にニューオータニ東京であった企業イベントと同じものでした。全体の内容的には2回目ということもあって、それぞれ前回よりもいい出来だったと思います。個人的にはずいぶん落ち着いて楽しめました。
 終演後は久しぶりにメンバー・スタッフで打ち上げを行い、ワイワイと酒盛りしながら話が弾みましたね、ハイ。

 翌21日は早朝に帰宅し、それから天王洲にあるテレビ東京に行き、大橋純子さんとの収録がありました。バンドとともに生演奏での2曲を収録しました。ただし、時間的な問題がありフル・コーラスではないカット・バージョンになりました。いずれにしろ、テレビというのは普段とは違う微妙な緊張感があって、何度やっても馴染めません。今回は比較的段取りがテキパキしていたので、かなりスムースだった方ではありました。5月4日の放送だそうです。
 おっと、この時同じ出演者だった中村あゆみさんと久々の再会しました。いやぁ、懐かしかったと同時に、ますます元気で頑張ってるあゆみさんの姿にとってもうれしくなりました。

 さて、昨日である23日は初めて行ったライブハウス、代々木ブーガルーにてMAKIさんとのライブをやってまいりました。本番が9時過ぎだったので、少々待ちが長く、集中を保つのが難しいところでしたが、それでも先月の渋谷7thでのパフォーマンスよりもしっかりやれたのではないかと思っています。とにかく、私のピアノと彼女の歌だけですから、その場その場の空気感に影響うけながら微妙に変化していくし、臨機応変な即興性も大事です。
 そういった意味では、ほぼ満杯だったお客さん達や、我々の前に出ていた3人のアーティスト(クサノヒロミ、ソウチ、リナン)の刺激的なパフォーマンスのおかげで、我々にもよいエネルギーが伝わってきたのかもしれません。
 これで、来月の関西ツアーも良い感触で行けるような気がしてきました。
[PR]
by harukko45 | 2010-04-24 21:55 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31