浅田真央の「鐘」

 ちょっとしつこいのだが、世界フィギュアが終わっても「鐘」が頭の中で鳴り続けているし、他の事をやる気がわいてこないので、再びブログに書いてしまう。

 正直、私は今でもバンクーバーの時の「鐘」が好きだし、キム選手の得点に会場が騒然となっている直後からの浅田選手の姿、そしてその演技を生涯忘れないだろうと思う。
 冒頭の恐ろしい表情(さすがの浅田もこの時にしかできなかった)から2回の3アクセル、美しくスピードのあるシットスピン、誰にもできないゴージャスなスパイラル(この時の厳しい浅田の表情も凄い)の素晴らしさは、見ているこちらが呼吸をするのがはばかれるほどであり、心底彼女の動き一つ一つに魅了された。そして、特筆すべきは音楽との完全なる一体感だ。ラフマニノフが美しい、ものすごく悪魔的で荘厳だった。キムのガーシュインとは次元が違ったと思う。

 だが、3フリップからの3連続ジャンプでのミス、続けてエッジが氷に引っ掛かってしまい3ジャンプが飛べなかったミスで、一瞬現実に引き戻されたが、その後の立て直しが彼女を超一流の天才アスリート足らしめる凄さだ。2アクセルからツイグル、ステップ・シークエンスと彼女には全く休む暇はない。で、この時のステップには涙した。その気迫と技術の高さに感動したし、今思い出してもゾクっとする。
 そして、音楽との一体感を取り戻した浅田は完璧なビールマン・スピンの後、ピタリとエンディングを決めた。その時の彼女はパーフェクトでなかったことで、自らを責めていたのかもしれない。だが、その悲しげな表情さえも曲が持つ深淵さを見つめるように感じられる。

 もちろん、これらの感想は私がその後もバンクーバーでのパフォーマンスを見返しているうちに、じょじょに思いが大きく膨らんでいることはある。だから、あのミス2回の部分でさえ、スポーツ的には否定されても、アートとしては「悲劇」「試練」の表現として成立しているし、そこからの復活のドラマがより感動的なのだった。

 そして1ヶ月後。世界フィギュアにて、彼女はノーミスで滑りきり、自らを乗り越えた。アスリートとしての浅田が「鐘」の完成形を提出して決着をつけた。すごい精神力だと思うし、優勝はうれしい。だが、スケート的にはトリノは完璧(DGがなんだ、ミスはしてない)だったが、アートとしてはバンクーバーの方がほんの少し上回る。これは、音楽の分野でもよくあることだ。技術的に未完成であっても、聴く人の感動が大きいことは存在するのだ。

 このプログラムを組んだタラソワという人も凄い。特に強く感じた事は、この曲とプログラムは「これまでのフィギュア」じゃない、ってこと。フランスの放送では「この曲の重さがマオの体を潰してしまうのです」とコメントしていた。だが、それこそがタラソワとマオの挑戦だったに違いない。
 
 さて、福山知佐子さんという画家の方のブログに、素晴らしい浅田「鐘」論がアップされているので、リンクしておきます。
浅田真央「鐘」身体芸術 アスリート(世界フィギュア後の3月26、28、29日編)と、
浅田真央 身体芸術 アスリート(オリンピックでの2月28日編)があります。

 これでも見て少しスッキリしましょう。ニコニコ動画へのリンクです。EuroSportsでイギリス人解説者が大絶賛、そして実に全うな意見を連発。


 信じ難い事に日本のテレビ、解説者達が絶対にやらない(言えない?)放送です。本当に情けない。(他のコメントが気になる場合は、右下のコメントoffをクリックしてください)
 
 もう一つはアメリカの放送で、長野の金メダリスト、タラ・リピンスキーが解説しています。こちらも納得のクリーン解説。世界のメディアは当然のことを発信しているのに、自国ではそれがないなんて。くだらない。


[PR]
by harukko45 | 2010-03-29 20:50 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31